[サッカー]
大野俊三「ギリシャ戦は大久保を先発に」

基本を忘れたコートジボワール戦

 本当に残念の一言です。
 逆転負けを喫したコートジボワール戦、日本代表は自分たちのサッカーができませんでした。コンパクトなパスまわしで、縦へサイドへとボールを展開する。本番前のテストマッチで見せていたように主導権を握って試合が進められなかったのは痛かったですね。

 FW本田圭佑の先制弾こそ相手のDFラインを下げて、うまくスペースをつくったものの、それ以外の時間帯はほとんど両サイドバックにポジションを高くとられ、日本が引くかたちになってしまいました。先制直後、DF内田篤人が右サイドをドリブル突破してシュートまで持ち込みましたが、本来ならあのようなシーンを数多くつくり、相手のサイドを抑えたかったところです。

 しかし、両サイドバックが高い位置に出てきたのに対して日本は引いてしまったため、コートジボワールが前に出るスペースを与えてしまいました。スペースができればパスもつながりますから、余計に押し込まれてしまいます。相手のペースになると、どうしても体格やテクニックといった個の能力が生きてくるだけに、日本としては最も避けなくてはならない展開に持ち込まれてしまいましたね。

 連続失点の場面も残念と言わざるを得ません。2点ともDF長友佑都の裏のスペースを使われ、アーリークロスをあげられての失点。長友が上がった時に、そのケアをセンターバックがするのか、ボランチがするのか、ポジショニングが混乱しており、同じようなパターンでゴールを奪われてしまいました。

 僕たちは小学生に守備を教える際、常に言っていることがあります。
「ボールウォッチャーになってはいけない」
 しかし、この2失点での日本の守りは、まさに基本中の基本が抜けていたと言えるでしょう。日本の選手たちはボールの行方を目で追いかけるだけで、相手がどう動いているのか広い視野を持てていませんでした。結果、DFとDFの間へ侵入を許し、ブロックが遅れてフリーにしてしまったのです。