「SXSW 2014」に見る、今後の技術・産業動向を占う10のキーワード【後編】

キーワード6: ビッグデータ

ビッグデータに関しては、ウェアラブル、IoT、デジタルヘルス、コネクテッドカー、ロボティクス、共有サービスのどの分野でも莫大なデータが生み出される状況で、それをどう活用できるかが最重要課題となっている。

SXSW2014のセッションは非常に多岐にわたり、

●ビッグデータ革命に積極的に参加するには?
●ビッグデータを今後どう使いこなしていくか?
●ビッグデータに関して、プライバシーの問題とデータ活用をどう両立し、解決するか?
●先進国では人口の過半が都市に集中する中で、法律を含め、データをどう活用して解決するか?
●一人ひとりの生活者から吐き出される膨大なデータをどう活用し、より効果的な動機付けをしていくか?
●ビッグデータ活用により、100億人以上を養う食料生産をどう実現すべきか?
●ビッグデータ活用により、どうやって電力のデマンドレスポンスを実現すべきか?
●ビッグデータ分析により、人と人とのコミュニケーションがどう改善されるか?
●ビッグデータ活用により、駐車場探しをどう短縮し、道路混雑を解消するか?
●ビッグデータ活用により、スポーツ選手のパフォーマンスをどう上げるか?
●ビッグデータ活用により、不動産の価値をどう評価するか?
●ビッグデータ分析により、音楽の次の大ヒットを見つけるには?
●ソーシャルメディア上の発言を分析することで、どう購買活動を促進するか?
●オープンデータとビッグデータがヘルスケアをどう改革するか?

などが活発に議論された。米国では、ビッグデータ関連ベンチャーへの出資や買収が数年来続き、2008年から2012年までに4900億円が投資されている。

さらに、2013年1年だけで3600億円が投資された。2014年には、Apache Hadoopベースの企業向けデータ分析マネジメント分野のリーダーである米Clouderaが160億円調達した12日後にインテルから740億円の投資を受け、大変な話題を呼んだ。Clouderaは合計1000億円以上を調達している。

Cloudera以外にも、Hadoopデータのプラットフォームを提供するHortonworksが198億円、ビッグデータ分析を提供するOpera Solutionsが114億円、ビッグデータ統合・連携基盤を提供するTalendが101億円を調達するなど、ビッグデータ関連ベンチャーへの資金投入が著しい。

これらビッグデータ関連ベンチャーは、ビッグデータの取得、保存、分析、活用に大きく貢献する。ビッグデータが確実に企業経営に大きなインパクトを与えている。

日本では、ビッグデータ関連ベンチャーは数えるほどしかなく、昨年来、大ブームが起きているものの、実態が全く伴っていない。インターネットインフラ、携帯インフラがほぼ米国企業に押さえられている以上に、ビッグデータ関連が米国企業に牛耳られる可能性が極めて大きい。