日本が世界を動かす
2014年06月20日(金) 赤羽 雄二

「SXSW 2014」に見る、今後の技術・産業動向を占う10のキーワード【前編】

upperline
出展: http://sxsw.com

Twitter、FoursquareがブレークするきっかけとなったITの祭典であり、数万人が結集する「SXSW」が、今年は大きく変容した。2012年、2013年、2014年と3年連続でSXSWに参加したことではっきりと見えた、日本にとっての重要な意味合いだ。

従来のIT、インターネットなど、「インタラクティブ」なアプリ、サービスの紹介を超え、今後の技術、企業、産業、経済、社会の発展方向を明確に示す場になっていた。

今から思えば、昨年、若干の萌芽があった。それは、基調講演のトップバッターに3Dプリンターで急成長しているMakerBotのCEOが登場し、3Dプリンティング関連のいくつかのセッションが開催されたことだ。「ヘルスケア×IT」に関してもいくつかあった。

ただそれが、ご紹介するキーワード10個まとめてど~んと来た。これで米国企業がこれまで以上に世界の覇者になるお膳立てが揃ったと思われる。アクセルをふかせて全速力で突っ走る状況であるのだ。

SXSW 2014への日本からの参加者は決して多くはなく、報道もあまりされていない。報道されたとしても、現象面的なとらえ方がほとんどだ。

ウェアラブルもコネクテッドカーも個別には以前から報道されている。ただ、それらが津波のように押し寄せていること、米国企業を中心に今まさに数百兆円規模の価値創造が始まっていること、次のアップル、グーグル、Facebook(時価総額はアップル50兆円、グーグル36兆円、Facebook 15兆円)等が生まれようとしていること、日本とは桁外れの額がこれら新分野のベンチャーに投資されていることなどは十分に伝わっていないのではないだろうか(この記事内では、すべて1ドル100円換算とする)。

SXSW 2014で浮かび上がった状況は、日本企業、産業、経済にとって危機的であり、一部はぎりぎり間に合うかも知れないチャンスでもある。

次ページ 最初のキーワードには「ウェアラ…
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事