小泉、細川氏再始動社団法人設立[原発ゼロ]
「自然エネルギー推進会議」の設立総会で、会場の拍手に応える細川護煕(左)、小泉純一郎(右)両元首相=東京都千代田区で5月7日

原発のない国づくりを目指す細川護煕(76)、小泉純一郎(72)両元首相がこのほど、一般社団法人「自然エネルギー推進会議」を設立し、再び「原発ゼロ」と再生可能エネルギー普及拡大に向け動き出した。当面は政治活動とは一線を画し国民運動を専念するといい、与野党とも今のところ静観しているが、2月の都知事選では分散した脱原発勢力の結集を図ることができるか注目される。

推進会議は代表理事に細川氏が就任。発起人に小泉氏のほか作家の赤川次郎や瀬戸内寂聴、哲学者の梅原猛、日本文学者のドナルド・キーン、俳優の菅原文太の各氏ら著名人、原発事故の当事者である福島県南相馬市長の桜井勝延氏ら計12人が名前を連ねた。賛同人も各界の有識者が数十人集まっている。

5月7日に東京都内で開かれた設立総会には約350人が集まった。首長では2012年衆院選で「卒原発」を掲げて日本未来の党を結成した嘉田由紀子滋賀県知事が主席した。嘉田氏はこの日、次期知事選への不出馬を表明したばかりだった。一方、国会議員では細川氏の秘書を務めたことがある日本維新の会の松野瀬久国会議員団幹事長、民主党の篠原孝元副農相、近藤昭一元副環境相らの姿があった程度だった。都知事選では脱原発が主要争点にならなかったことから、与野党とも細川、小泉両氏の行動に対して関心と警戒心が薄れつつあるようだ。

政府側も菅義偉官房長官が同日の記者会見で、「引退された方がいろんなことをやるのはいいのではないか」と突き放した。4月に閣議決定した「原発は重要なベースロード電源」としたエネルギー基本計画を踏まえ「粛々と着実にやっていく」と発言した。都知事選では細川氏を支援した民主党も、海江田万里代表が記者会見で「特に感想はない」と距離を置いた。