「地に足をつけて」 国連インターンから、島根県津和野町へ
津和野で働く栗原さん

島根県津和野町と、岡山県和気町でまちづくりの活動に取り組む株式会社FoundingBase。この取り組みの面白さは、都市部の若者が地方に移住し、その地方のいち住民となり、地元の人々と協力しながら、地道に一歩一歩、取り組みを進めているところだ。

取り組みに参加する若者たちは「ある」もの尽くしの東京から、「ない」ものだらけの津和野町や、和気町に移り住む。彼らは、何故、地方を選んだのだろうか。

今回は、上智大学を卒業後、昨年10月から津和野に移り住み農業分野で活動する栗原紗希さんにお話を伺いました。

国連で痛感した「歯痒さ」

――まず、FoundingBaseに参加するまでどんなことをしてきたのかを聞かせてください。

栗原: 静岡県浜松市に生まれました。実家では昔から外国人留学生のホームステイを受入れていて、外国の方と接する機会がたくさんありました。物心がついた頃には海外に興味があって、高校に入ってからは、タイへのスタディーツアーに参加したり、一年間イギリスに留学したりしました。

そういった海外での見知から「格差」をキーワードにして、いつかは国連で働いて、世界中に存在する「格差」を無くしていく仕事がしたいと考えていました。

――国連ですか! でも今は津和野にいますよね。国連と津和野では大きく違うと思うのですが、どうして津和野に居るんですか。

栗原: 実は大学在学中に一度、国連でインターンをしたんです。クウェートのUNDP(国連開発計画)で半年間。昔から憧れていた国連機関で実際に働いてみて感じたことは、大きな組織だと中々身動きがとれないこと、国同士の政治的な利害調整に追われてなかなか業務を遂行できていないこと、というような、表面的には見えない国連の実態でした。

UNDPで半年間インターンを経験

もちろん、どの国連の機関も悪いというわけではない。けれど、本当に自分が変えたいことを実行しようとするならば、国連の組織のありかた自体を変えるくらいにならないとできないと感じたんです。国連でインターンしている間、ずっと、本当に困っている人たちにどうやったら手が届くんだろうと考えていました。

そうした気付きを得た上で、本当に困っている人を助けたいと考え、国連のインターン後に友人と団体を立ち上げて、インドネシアの農家さんを支援する活動を行ったりもしました。仲間を募り、たくさん考えて自分たちが立てた仮説に従って支援策を作ったけれど、現地調査を行ったときに、私たちが考えていたことは全く現場の意見を踏まえたものではなかったと、気付いたんです。

本当に困っている人を助ける、誰かの力になるためには、もっと現場に根ざした所で、現場に住み着いて、現場と向き合う経験が必要だと考えたんです。そういう風に考えていた時に、津和野でのFoundingBaseの活動を知りました。津和野に根ざして、津和野に住み着いて、津和野に向き合って活動を進める姿勢に惹かれて、参加したいと感じました。

それに、津和野や日本のいわゆる「過疎地」と言われているところで見受けられる課題って、世界で議論されている課題と似ていると思うんです。津和野が発展途上国というわけではないのですが、例えば、津和野で課題がある分野って、農業、医療、教育、インフラ。これって、世界で議論されている課題と似通っていると思うんです。

そうした津和野と世界のつながり、ここで小さな変化を起こすことが、世界を変えることに繋がる、そんな思いもあって、津和野に来ました。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら