日本の予選突破可能性は12%!? W杯ブラジル大会のデータ分析を試みる

サッカーのワールドカップが始まった。日本代表は初戦のコートジボアール戦に1-2で敗れたが、本当の勝負はこれからだ。これから1ヶ月間、7月14日の決勝までの長丁場であるが、寝不足と体調管理には気をつけて楽しもう。

4年に一度のワールドカップの期間中、世界中は熱狂し、労働生産性が落ちるのは当たり前だ。日本では日頃サービス残業をしていることもあり、この時期の遅刻などは大目に見てもらいたいものだ。

筆者は1968年メキシコ五輪で日本が銅メダルを取った時のサッカー少年であって、役人の時はサッカークラブに属していた。しかし、そんなのは遠い昔の話で、今では素人ファンにすぎない。その素人がワールドカップで書くとなれば、データを使った優勝予想だ。

五輪のようにGDPでは説明できないW杯の行方

2012年7月30日付けの本コラムで、ロンドン五輪の各国の金メダル獲得数は、GDPの大きさで比較的よく説明できると書いた(→こちら)。そこでは、2000年代における3回のオリンピック(2000年シドニー、2004年アテネ、2008年北京)における金メダル獲得数とGDP総額の相関係数は0.73であること、GDP総額のほかに、開催国かどうか、旧共産圏かどうかの要因を加えると、(重)相関は0.84と高くなることを書いた。

国際サッカー連盟(FIFA)のホームページに過去のワールドカップのデータがあるが、五輪のようにGDPでは説明できそうにない。

オリンピックメダル数とGDPの関係は、経済学の教科書にも書かれているぐらい有名だが、ワールドカップとの関係はあまり知られていない。大手の金融機関では、もちろん商売のネタになるので、ワールドカップの予想を公表しているところもあるが、そのモデルはよくわかっていない。

これまで19回のワールドカップで見ると、ブラジル、ドイツ(西ドイツを含む)、イタリアの成績が図抜けている。優勝はブラジル5回、イタリア4回、ドイツ3回。3国で19回中12回だ。ベスト4で見ると、ブラジル10回、ドイツ12回、イタリア8回。3国で4割を占めている。

GDPでは図抜けているアメリカは優勝なしで、ベスト4は第1回大会3位のみだ。日本はワールドカップ本戦出場がここ4回しかなく、優勝、ベスト4なしで、ベスト16が2回だけだ。

五輪のメダル数がGDPで説明できるのは、競技の数が多いから、経済力がないと満遍なく一定の競技人口が確保できないからだろう。その点、サッカーだけのワールドカップとなると事情が違う。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら