[サッカー]
風間八宏×二宮清純<前編>「大久保はトップで起用を!」

W杯スペシャル対談
スポーツコミュニケーションズ

アドバイスは「動き過ぎるな」

二宮: 風間さんが監督を務める川崎からはFW大久保嘉人選手が選ばれました。最後のテストマッチとなったザンビア戦では後半アディショナルタイムに決勝ゴールを決めました。いいかたちで本番に臨めそうですね。
風間: いいですね。代表では右サイドもやっていますが、僕の本音として真ん中でやらせてほしい。嘉人も含め、日本の選手は総じて器用なので、どのポジションでもできちゃう。ザッケローニ監督にとっては選択肢が増える半面、どう組み合わせるか迷うんじゃないでしょうか。

二宮: 川崎では大久保選手をワントップで起用してゴールを量産しています。彼をトップ向きだと考える理由は?
風間: 嘉人のことは若い頃から見てきましたが、一言でいうとストライカーなんですよ。性格はもちろん、プレースタイルも彼を自由にするのが、一番守る側にとってはイヤなんです。だから、僕はサイドよりも真ん中に置いたほうがいいと考えました。

二宮: 守る側がイヤだと感じる部分を、もう少し具体的に教えてください。
風間: 彼は組織的に動いて相手の守りを崩した結果、誰かが外したところを決めるというだけの選手ではありません。自分ひとりで守りのスキを突いてフリーの状況をつくれます。あと動き出しのタイミングも速い。オフサイドでは全然ないのに、レフェリーが見間違うくらい速いんです。だから、周りがそれを見逃さないでボールを出してやれば、彼の力は最大限に生かされるはずです。

二宮: 大久保選手には「動きすぎるな」とアドバイスされたとか。その狙いは?
風間: このアドバイスで言いたかったことは、いろいろあります。たとえば、いくら動いても相手がいるところにわざわざ近づいていてはボールは出てこない。だったら動かないほうがいいでしょう。自分から動かなくても、ボールが来て相手が寄せてきたら動けばいい。

二宮: 自ら動くのではなく、相手を動かすことで、優位な状況をつくると?
風間: そうです。彼が動けば、当然、相手も動いてきます。そこを力づくで突破しようとしても、なかなかうまくいきません。だから、相手が動いてくるのを利用して、こちらは動きを止めれば逆を突ける。

二宮: よく相手の守りを崩す上で、前線の選手には「ボールをもらえないなら動き直せ」と指示を出す指導者は少なくありません。別に無理に動かなくてもボールがもらえれば、展開は変えられると?
風間: 加えていえば、「動き過ぎるな」の言葉で、もうひとつ彼に伝えたかったのは「長い距離を走る必要はない」ということ。嘉人がボールを誰かに預けて、何十メートルも走ったって、もう1回、もらえるかどうかはわからない。それでは彼の持ち味は消えてしまう。嘉人のような選手はとにかくボールをたくさんもらって、次から次へと顔を出してくれたほうが守る側は対処しにくいんです。