25歳無職、引きこもり気質の僕が、11年前にアフリカビジネスを始めた理由
ビジネスパートナーと

僕は今、ラストフロンティアと言われているアフリカでビジネスしています。2003年ごろからアフリカでのビジネスを始めて、今年で12年目。中古車販売に始まり、バイクタクシー業、建設業、運輸業、貿易……などアフリカ9ヵ国で現在50社くらいを経営しています。アフリカでビジネスをしている人間としては古株の一人ではないでしょうか。メディアでアフリカのビジネスシーンが語られるずっと前からアフリカでビジネスをしてきたということになります。

消去法で辿り着いたレッドオーシャン

僕がアフリカでビジネスをスタートさせた2003年といえば、当時復興していたアジア諸国に海外進出が集中していました。なぜ世間が注目している世界とは全く違う世界に飛び込もうと思ったのか。それは僕の生い立ちをちょっと語ればわかります。

僕は多くの敏腕起業家と呼ばれる人たちと全く真逆の人生を歩んできました。学歴も高くないですし、資格もMBAも持っていません。漫画とゲームが好きな引きこもり気質のある人間です。

そんな僕の人生の最初のターニングポイントは大学受験のとき。当時の僕は公務員になりたくてもちろん日本の大学を志望していました。でも、どちらかというと落ちこぼれだった僕には、国公立に入れるほどの学力がありませんでした。かといって、私立に通えるほど裕福な家庭で育ったわけでもない。

さて、どうする。悩んだ挙句僕は海外留学を視野に入れます。ただ、日本という島国の辺境にある小さな沖縄育ちの僕は、大海原に出ることをかなりびびっていました。そんな僕にとってアメリカはハードルが高すぎる。そこでアジアに目を向けます。

いろいろ調査した結果、お隣「韓国」に行くことにしました。当時は冬ソナがブームになる前。韓流という言葉もありませんでした。隣国で文化と言葉も似てるというのが僕にとっては心地よく聞こえました。大した受験もなく、晴れて僕は韓国に渡ります。