NGOユイマール代表 照屋朋子【第3回】「マンホールチルドレンを知っていますか?」支援失敗から得た教訓
再会したときのアルタン君と筆者
照屋朋子(てるや・ともこ)
沖縄県出身。早稲田大学法学部、上智大学法科大学院卒業。法務博士。高校からボランティア活動を開始し、大学時代に単身モンゴルへ。2007年にNGOを設立し、孤児院と連携して子ども達の自立支援を行う。開発コンサルティング会社にて、JICA中国企業法・経済法整備支援プロジェクトを担当し、NGO設立6年間は、プロボノとして活動を続けた後、2012年よりNGO専従となる。2011 年、世界経済フォーラム(ダボス会議)が選出する若手リーダーGlobal Shapres 30 人に選出。

⇒【第1回】はこちらからご覧ください。
⇒【第2回】はこちらからご覧ください。

アルタン君から深夜4時の電話

銀行前での喧嘩から数日後、アルタン君は盗んだ携帯を使って私に電話をくれました。それも深夜4時に。

「今日はいつも寝ている場所を人に取られたから、ずっと段ボールを引きずりながら寝る場所を探していたんだ。これから眠るところ。とても疲れたから、みんなで安いアルコールを買って飲んだ。日が出てきたから朝になったと思って電話したよ」

酔っ払っているようでした。夏といえど、夜には10℃まで気温が下がるモンゴル。寒空の下、段ボールを引きずりながら歩くのは厳しいものです。私は、朝9時に彼がいる場所に行く約束をして、電話を切りましたが、なかなか眠ることが出来ませんでした。

アルタン君はこれまでにも何度もSOSをくれていました。私は一度、代表を務めるNGOで彼を支援する議題を提案しましたが、否決され、組織からの支援は叶いませんでした。個人的にも支援を求められてきましたが、リスクを考えてそれまでは応えることは出来ていません。しかし、私が支援を行えずにいる間、彼の状況は悪くなっていく一方でした。このまま何もしないでいいのか、自問自答し、「個人的に支援しよう。帰国までの間に出来る限りの事をしよう」と決意し、眠りにつきました。

翌朝、約束の場所に行くと、アルタン君は段ボールの中でもきれいなものを選んで、私のために埃を払って座らせてくれました。

彼が寝泊りしている場所は、ブルースカイという高級ホテルのすぐ裏にある草むらの一画でした。7人の男女で行動を共にしていて、他のグループに寝床を取られない限りはそこで寝ているそうです。どうやって生活の糧を得ているのか、聞くと、彼は一瞬黙りましたが、窃盗集団に属していることを正直に話してくれました。7人は全員で連携して、人々が集まる広場やデパートで、財布や携帯を盗んだり、女の子たちが売春婦を装ってホテルに男性を誘い出した後、ホテルの前で男の子たちがかつあげをしたりしてお金を得ていると言います。アルタン君は、もう二度と刑務所には行きたくないという思いから、実行犯ではなく見張り役を務めているとのことでした。

夏の間はマンホールではなく、草むらの一画を寝床にする

アルタン君の窃盗集団の仲間たちを紹介してもらい、私は驚きました。女の子たちはオシャレをして、化粧もしていて、とても路上暮らしをしているようには見えません。お金持ちのご令嬢、と言われても違和感がないほどでした。聞けば、洋服は近くの川で毎日洗っており、時間を持て余しているため、化粧を念入りにしていると言います。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら