[虎四ミーティング]
6月は野球解説者・村田兆治さんの登場です!

 豪快無比な“マサカリ投法“で一世を風靡した村田兆治さんは、文字通り“一球入魂”のピッチャーでした。

 しかし、通算200勝に到達する過程は、苦難の連続でした。1983年には米国で肘にメスをいれ、長いリハビリ生活を余儀無くされました。

 地獄から天国へ――。84年シーズン終盤に一軍に復帰した村田さんは、翌年には復帰後初勝利を完投で飾ります。「先発完投こそがおれの生き様」という村田さん。この気迫と精神力は、どこからきたのでしょう。牛丼を食べながら語り合いました。

                                  二宮清純

>>前編を更新しました! こちらをクリック