デジタル広告における地方メディアの「軍師」、OwnLocalの取り組み
地方メディア企業に特化したデジタル広告ソリューションベンダー「OwnLocal」

米国新聞協会(NAA)によると、米国内の新聞社の2013年の総収益は、前年比2.6減の約376億ドル(約3.85兆円)。その63%にあたる約238億ドル(約2.44兆円)が広告収入によるものです。

広告収入の内訳をみてみると、前年に比べて最も落ち込んだのが、紙面広告からの収入。前年比8.6%減の173億ドル(約1.77兆円)で、総収益に対する比率も43%にとどまっています。一方、収益増の兆しをあらわしているのが、デジタル広告収入。収益額は約34億ドル(約3,480億円)と、総収益に対する比率は1割に満たないものの、前年比1.5%増であることから、今後の成長が期待されています。

地方メディアにデジタル広告という新たな収益源をもたらす

このような市場環境のもと、米国の新聞業界では、収益基盤のひとつとしてデジタル広告への注目が高まっていますが、このニーズに特化したソリューションを提供しているのが、「OwnLocal(オウン・ローカル)」です。

OwnLocalは、2010年に米テキサス州オースティンで創設されたスタートアップ企業。地方紙や地方出版社、ローカル局といった地方メディア企業に対して、広告コンテンツのデジタル化を核に、ウェブサイト構築・ウェブデザイン・SEO(検索エンジン最適化)など、様々なソリューションを提供してきました。デジタル対応に遅れをとってきた多くの地方メディアにとって、OwnLocalは、いわば、デジタル広告ソリューションを専門的に開発する“デジタル広告部門”のような位置づけといえるでしょう。