[裏方NAVI]
竹村吉昭(JSSスイミングスクールコーチ)<前編>「渡部香生子、3冠への道」

 今年4月に行なわれた競泳日本選手権。そこには1年前とは違う表情の渡部香生子がいた。15歳でロンドン五輪(2012年)に出場した渡部は、4年後のリオデジャネイロ五輪でのメダル獲得に大きな期待が寄せられている。しかし、昨年の日本選手権では五輪で出場した200メートル平泳ぎでまさかの予選落ちをし、周囲を驚かせた。そんな渡部が今年は一転、100メートルと200メートルの平泳ぎ、200メートル個人メドレーの3冠に輝いた。特に、平泳ぎはともに高校新をマークしての初制覇。ロンドン五輪メダリストの鈴木聡美をおさえての価値ある優勝に、「渡部時代の到来」もささやかれている。その渡部の躍進を語るうえで欠かすことのできない人物がいる。竹村吉昭コーチだ。

 竹村が、新天地を求めていた渡部のコーチに就任したのは、昨年5月のことだった。彼女の存在は世間が注目する前から知っていた。竹村が勤め、渡部が通うJSSスイミングスクールの合同合宿では実際に泳ぎを見たことがあったからだ。

「練習に集中できるようになれば、もっと強くなれるだろうなぁ」
 竹村の目には、そんな風に映っていたという。
「頭角を現し始めたのは、中学2年生の時くらいからかな。直接指導はしていませんでしたが、見た目にも、泳ぎにキレが出てきたというか、スピードが上がっていました。ただ、当初はまだ練習にムラがあった。集中が切れると、ブスッとした表情をするから、すぐにわかるんですよ(笑)」