[MLB]
杉浦大介「ヤンキース、大補強後の停滞」

田中、孤軍奮闘のチーム状況

どこに行っても大歓声を浴びているジーターだが、パワー低下、守備範囲の減少は否定できない。Photo by Gemini Keez

「神様、仏様、田中様……」
 日本風に言えば、ヤンキースファンはそう手を合わせて拝みたい気分だったかもしれない。

 4連敗中だったヤンキースの“最後の砦”として6月5日に先発マウンドに上がった田中将大は、ア・リーグ西地区の首位を独走するアスレチックス相手に6回を5安打1失点。これで9勝目を飾るとともに、12試合連続クォリティスタート、防御率2.02も依然としてリーグ1位と、その勢いは止まるところを知らない。5月のア・リーグ月間最優秀投手選出も当然で、現時点で新人王、サイ・ヤング賞の有力候補であると言ってよい。

「もしも田中がいなかったらどうなっていたんだろう?」
 ほとんど孤軍奮闘を続けるエースを見て、一部のヤンキースファンからはそんな声もあがり始めている。実際、田中がこれだけ活躍しているにも関わらず、ヤンキースのペースは上がっていない。

 田中が先発した日は10勝2敗(勝率.833)だが、それ以外の日は20勝27敗(.426)。5日までのツインズ、マリナーズ、アスレチックスを迎えたホーム7連戦にも2勝5敗と負け越し、30勝29敗と勝率5割キープも怪しい状況になった。

 予想外に好調の首位ブルージェイズに早くも6ゲーム差をつけられ、6日からはカンザスシティ、シアトル、オークランドと続くタフなロード10連戦が待ち受けている。この遠征が終わる頃には、今季の優勝争い参入は本格的に厳しい状況になっていても不思議はなさそうだ。

 これほど苦しんでいる最大の原因は、ホーム7連戦でも合計わずか16得点に終わった打撃不振である。ここまで総得点ではア・リーグ15チーム中11位、出塁率では10位。打者有利の球場を本拠地にし、しかもオフには多くの新戦力を補強した後なのだから、期待外れとしか言いようがない。

長打力発揮が期待されたマッキャンも苦しんでいる。Photo by Gemini Keez

 ブライアン・マッキャン(.229、7本塁打)、カルロス・ベルトラン(.234、5本塁打)、ブライアン・ロバーツ(.238、2本塁打)といった新加入選手たちはそれぞれ低迷。デレク・ジーター(.259、1本塁打)は衰えは隠し切れず、アルフォンソ・ソリアーノ(.233、6本塁打)も昨季後半の神通力が途切れ、パワーは健在のマーク・テシェイラ(.248、10本塁打)も故障がちとなっている。

 時を同じくして、ここまでの59試合中26戦で2四球以下と、過去の“ブロンクス・ボンバーズ(ヤンキースの愛称)”のトレードマークでもあった辛抱強さも消え失せてしまった。結果として、昨オフに大枚を叩いた後でも、今季59試合終了時点での合計240得点は貧打に泣いた昨季とまったく同じ。投手陣が必死の我慢を繰り返す展開が続き、痺れを切らしたスタジアムのファンが終盤のイニングにはウェーブを起こして退屈しのぎするゲームが増えている。