[野球]
上田哲之「田中将大とダルビッシュ、ときどき菊池涼介」

「でも僕は無理ですね。ああいう圧倒的な投球はできないので、これからも泥臭く抑えていきます」
 もちろん、多少の謙遜、あるいは先輩への遠慮が含まれているのだろう。ただ、本音でもあると思うのだ。声の主は田中将大(ヤンキース)。5月9日(現地時間)のレッドソックス戦で、ダルビッシュ有(レンジャーズ)が9回2死までノーヒットの快投を演じたことを指してのコメントである。

(ちなみに、この試合レンジャース-レッドソックスのダルビッシュは7回2死まで完全試合だった。迎えたデヴィッド・オルティスもセカンド後方への平凡なフライに打ち取り、残るは8、9回かと思った瞬間、打球はライトとセカンドの間に落ちた。どう考えても記録としてはヒットだが、記録員がよほど悔しかったのか、ライトのエラーと発表して、無理矢理ノーヒットを継続させた。後日、記録はヒットに訂正されたが、田中のこのコメントの時点では、9回2死までノーヒットが続いていたことになっていた)

 ご存知の通り、田中の活躍が目覚ましい。5月は5勝、防御率1.88で月間リーグ最優秀投手に選ばれた。このままいけば、最多勝も夢ではあるまい。では、「泥臭い」という謙辞の内実とは、どのようなものか。嫌なヤツだと言われそうだが、まずは今季(6月6日時点)唯一の負けを喫した5月20日(現地時間)のカブス戦から見てみよう。実はこの試合、立ち上がりは素晴らしかったのである。例えば1回裏、3番アンソニー・リゾに対する投球(リゾは左打者)。

① スライダー 外角高目(外からストライクゾーンに入れる)ストライク
② ツーシーム 外角低目 ファウル
③ ストレート 内角低目 ボール
④ カットボール 内角高目 ストライク 空振り三振!

 最後のカットボールはインハイにものの見事なコントロールで、打者は手も足も出ない。うひゃあ、すげーな、と叫びたくなる。ただ、この日の彼の本領はここではない。この試合、3回裏に突如、大雨が降り出した。負けの原因の過半はこの雨にある。濡れたボールが滑って、肝心のスプリットがうまく抜けず、落ちないのだ。高目に浮いたスライダー、スプリットを狙い打たれて4回1死までに2失点。さらに1死二、三塁の大ピンチ。

 ここでカブスのジェイソン・ハメルはなんと初球スクイズ。ピッチャー前に転がった打球に田中は素早く反応。直線的にマウンドを降りて来て、捕手にグラブトス。完全なアウト。2死一、三塁。続くエミリオ・ボニファシオはなんと初球セーフティバント。これは三塁線にうまく転がされた。田中、三塁側に降りて来て、今度は右手、素手で捕って捕手にトス。アウト! これ、一塁に投げたらおそらく間に合わなかった。2死、三塁線への巧妙なバント、走ってくる三塁走者――。その瞬間に一塁送球ではなく、捕手にトスした判断がいい。雨中の最悪のコンディションの中、相手の奇襲をかわして2失点で踏みとどまる。だから容易に負けない。これが田中である。

 もっといえば、5回裏には、空振りかファウルかの判定を巡って、ジョー・ジラルディ監督が例の「チャレンジ(ビデオ判定)」におよび、待たされた上、「ビデオで確認できないため審判の判定通り」という結論になるという、「なんじゃそりゃあ」な出来事があった。通常なら投手がマウンドで集中を保つのは困難な状況だったが、なんと田中はめげずに、この回を三者三振に退けている。6回裏に打たれたのは仕方ないとして、これが「泥臭く」勝ち続ける投手のメンタリティというものだろう。

 負けゲームだけというのもなんなので、8勝目を挙げた5月31日(現地時間)のツインズ戦にも触れておく。この試合、目を引いたのは、ツーシームである。ツインズを代表する打者といえば、3番ジョー・マウアーだ。例えば、5回表、1死一塁でマウアーの場面(マウアーも左打者)。初球、ツーシームがインコース低目、ボールゾーンからストライクゾーンに入ってくる。マウアー、これを打って、あっさりセカンドゴロ併殺。

 もちろん、スライダーもいいし、スプリットも低目に落ちる。変化球をコーナーへ決めるときは、適度に脱力して投げているように見える。ここぞの時に、力を入れればよい。そうすれば、1年間体力を維持しローテーションを守ることができる。ひいては契約をまっとうすることができる。そういうピッチングである。もうひとつ特筆すべきことは、とにかくツーシームがえげつないくらいグイッと曲がる(シュートする)。とりあえずツーシームでカウントは稼げる。あとは根気よく、スプリットを落とす。これが、本人の言う「泥臭い」スタイルである。