[アイランドリーグ]
高知・弘田澄男監督「上位の香川、徳島との大きな差」

最下位の原因はバッテリー

 5月を終えて8勝19敗3分の最下位。4期連続で最下位に沈んだチームを、そう簡単に変えられるとは思っていませんでしたから、この成績は想定の範囲内です。しかし、19敗の中にはソフトバンク3軍で先発した大隣憲司に歯が立たなかった試合のようにやむを得ない負けと、つまらないエラーや四球が絡んで自ら勝ちを手放したものがあります。ミスによる負けを減らせば、もう少し勝ち星を伸ばせたはずです。

 同率首位の香川、徳島と大きく水を開けられている理由のひとつはバッテリーでしょう。香川や徳島のピッチャーたちは大量失点するケースが少ない一方、高知は四球絡みでビッグイニングを与えてしまいます。どのピッチャーも投げてみないと分からないのが実情で、開幕から先発、中継ぎ、抑えを固定できないままの戦いを余儀なくされています。

 チーム平均得点は3.37点ですから、先発は少なくとも5回、6回を3失点以内で投げることが求められます。ところが立ち上がりから無駄な四球でランナーを溜めたあげく、痛打されたり、押し出しで失点しまう……。これではゲームが成り立ちません。

 特に1年目の平良成や航大には、ペース配分を考えず、最初から全力で飛ばしてほしいものです。結果、長いイニングを投げられなくても、試合が壊れてしまうよりマシでしょう。平良が5月26日の徳島戦で完投勝利を収めたように、登板機会が増えてくればイニング数は伸びていきます。まずは行けるところまで行き、最低限、試合をつくる。こういった経験を積み重ねるなかで、本当に先発を任せられる存在になってほしいと思っています。

 アイランドリーグのバッターは当然ながらNPBよりレベルが低く、打ち損じも多く見受けられます。連打はそう簡単に生まれません。ならばキャッチャーも早めに追い込んで、どんどん得意球で勝負を仕掛ける組み立てを考えるべきです。ところが、ヘンに変化球で探りを入れ、カウントを悪くした挙句、ピッチャーが苦し紛れに投げたボールが真ん中に入ったり、コースを外れて歩かせる。これではバッターとの駆け引きになりません。

 もちろん、それでもコントロールが良ければ何とかなりますが、高知のピッチャーは外国人を中心に力任せのピッチングが目立ちます。いくら打力の弱いバッターでもど真ん中に投げれば、さすがに打つでしょう。せめてインコース、アウトコースの投げ分けができるといいのですが、悲しいかな、その段階に達していないのが現状です。