[パラリンピアンの挑戦]
高桑早生、覚醒の兆し

3年ぶりに13秒台を出した高桑。日本選手権では日本新を狙う

 ついにこの日が訪れた――。5月18日、記録会に出場した高桑早生が100メートルで13秒98をマークした。自己新には至らなかったものの、実戦のレースで13秒台を出したのは、実に3年ぶり。2011年9月のジャパンパラ以来のことだ。
「11年の時は『出てしまった』という感じだったが、今回は違う。完全に高桑が『出した』13秒台。今後は常に13秒台をマークするようになると思いますよ」
 10年から高桑を指導する高野大樹コーチは、そう自信を口にした。いよいよ、16年リオデジャネイロに向けて、覚醒の兆しが見えてきた――。

進化のための試行錯誤の日々

 昨年、高桑は13秒台を出すことができずにシーズンを終えた。練習ではいくら手応えをつかんで実戦に臨んでも、14秒の壁を破ることができない。それは、今シーズンの序盤まで続いたという。そんな高桑に変化をもたらしたひとつのきっかけは義足だった。今年3月、高桑はこれまで使用していた国内メーカーの義足から、オズール社製(アイスランド)の義足に替えた。世界トップの義足ランナーたちが愛用しているのがオズール社製であり、競技用義足では世界トップメーカーである。

 そのオズール社製の義足について、高野コーチはこう感想を述べている。
「やっぱり世界のトップランナーたちを相手に作られているだけあって、走ることに対して研究し尽くされた義足だなと思いましたね。うまく重心を乗せて地面をとらえることができれば、それに応えて反発力が生み出される構造になっているんです。しかも健足に近い感覚で体を弾ませてくれる。それは見ている僕にもわかるんです」
 オズール社製の義足は、ウワサで耳にした通り、「走ることに特化されて作られた義足」だった。

 とはいえ、義足を替えたからといって、速く走れるものではない。特に反発が強ければ強いほど、それに耐え得るだけの筋力が必要であり、身体のバランスを取ることも、また難しくなる。特にオズール社製の義足は、心技体すべてを兼ね備えて初めて使いこなすことのできるものなのだ。そのことを誰よりも感じているのは、もちろん高桑本人だ。彼女は新しい義足についてこう語っている。

「義足のたわみを走力に転換するためには、重心を乗せる位置が非常に重要なんです。その位置がほんの少しでもずれると、義足はまったくたわんでくれない。特にオズール社の義足はとても繊細で、その重心を乗せる位置がピンポイントなんです。そこにきちんと重心を乗せることができれば、爆発的な力を引き出すことができる。でも、少しでもそのポイントを誤ると、逆にヒザが伸びてしまって、お尻からガクンと落ちてしまう。ケガへのリスクもある。だからこそ、きちんとポイントをつかまないといけないんです」
 感覚的なものに頼らざるを得ないこの作業がいかに難しいかは、想像に難くない。