[ゴールボール]
リオへカギ握る“攻撃的センター”

~女子日本代表合宿レポート~
世界選手権まで約1カ月。江黑HC<中央>の指導にも熱が入る

 ゴールボール日本代表にとって、勝負の時が近づいている。6月26日~7月7日にフィンランドで行なわれるIBSAゴールボール世界選手権だ。同大会の上位3カ国は、2016年リオデジャネイロパラリンピックの出場権を獲得することができる。参加国数は男子は16カ国、女子は12カ国。ロンドンパラリンピックで金メダルを獲得した女子にとっては、チャンピオンとしてのプライドをかけた戦いとなる。大舞台を約1カ月後に控えたチームを追った。

 ゴールボールでは1チーム6名までエントリーすることができる。しかし、今回日本女子がエントリーしたのは4名。江黑直樹ヘッドコーチは“少数精鋭”で臨むことを決意した。人数が少ない分、体力面など不安視される部分はある。果たして、日本はどう世界に挑むのか。

 現在、チームにはこれまでになかった新たな戦法が加えられようとしている。12年ロンドンパラリンピックでは、レギュラーのメンバーもポジションもほぼ固定されていた。センターに浦田理恵、ウイングはライトに安達阿記子、レフトに小宮正江という布陣で世界の頂点を獲得したと言っても過言ではない。だがロンドン後、江黑ヘッドコーチがチームに課したのは、自由自在なポジションチェンジだ。その理由を江黑ヘッドコーチはこう語る。
「誰がどのポジションに適しているかなんて、やってみなければわからないもの。新たな強みが引き出されるかもしれない」
 パラリンピックでの連覇に向けた挑戦が、ロンドンから帰国して間もなく始まっていたのだ。

センターは“コート内のHC”

 今回の合宿で初めて披露されたのは、「センター安達」である。ウイングには成長著しい若杉遥と欠端瑛子。男子との実戦形式の練習試合では初めての布陣だ。安達はチーム随一の攻撃力をもつ。速いボールだけでなく、日本女子では唯一、回転して勢いをつけて投げるバウンドボールの使い手だ。長年に渡ってキャプテンを務めた小宮が、昨年限りで現役を退いたこともあり、安達は今や押しも押されもしない日本のエースである。その安達がセンターに入ることによって、これまでほとんど見られなかったセンターからの攻撃が武器となる。日本にとっては、多彩な攻撃パターンの構築が可能となり、逆に相手にとっては脅威となる。ところが、だ。合宿ではチームに大きな課題が突き付けられた。守備である。

 合宿2日目の24日、午後から行なわれた男子との練習試合、後半の途中、指揮官が動いた。安達をセンターに入れ、ライトに若杉、レフトに欠端。攻撃的な布陣に、期待が大きく膨らむ。
「Quiet please.Play!」
 レフリーの笛が「ピッ」と鳴ったと同時に、センター安達から勢いよくバウンドボールが投げ込まれた。これまでになかったリスタートに、思わず目を見張る。

 と、次の瞬間、センター安達とレフト欠端の間に、男子チームから勢いよくバウンドボールが投げ込まれた。ボールは勢いを失うことことなく、大きく跳ね上がり、ゴールネットを揺らした。その後も、安達の足をかすめてボールはゴールへと吸い込まれていく-――。なぜ、これほどまでに守備力がダウンしたのか。その理由を江黑ヘッドコーチはこう語る。
「アキ(安達)がまだ、センターとしてゲームコントロールできていないからですよ」
 果たしてセンターが果たすべき役割とは何なのか。

世界随一のセンター浦田がゲームをコントロールしている

 北京パラリンピックの時から不動のセンターとしてチームを牽引してきたのが浦田である。サーチの正確性、展開の読み、守備力、コミュニケーション能力など、センターに必要な力を兼ね備え、今や抜きんでた存在だ。その浦田にセンターの役割を訊いた。まずは守備だ。

「相手のボールがどの位置から出るかをサーチします。ウイングの2人もそれぞれサーチしていますから、お互いに伝え合うんです。もし、サーチがバラバラであれば、センターが統率し、3人の守備を揃えて間を抜かれないようにします。理想はどの試合でもパーフェクトに抑えること。もし、両脇のポール際に決まったゴールだったとしても失点は失点。センターの責任だと思っています」

 さらに攻撃においても、センターは深くかかわっている。
「ウイングが投げたボールが相手のどこに当たっているのか、それを相手が嫌がっているのかどうかなどをよく観察するんです。と言っても視覚からの情報はありませんから、ボールの音で聞き分けます。『足先に当たったな』『相手がバタバタしているな』と。それと合わせて味方のウイングの状態も把握しなければいけません。『あ、今日はこのボールが走っているな』『ライトからのバウンドボールが効いているな』と。こうしたあらゆる情報を元に、自分が『このタイミングでこういうボールを投げて欲しい』という攻撃をしてもらうために、パスで誘導したり、『中からバウンド』と声をかけたりしているんです」
 なるほど、「センターはコート内のヘッドコーチ」と言われるのも納得できる。攻守にわたって、細かくゲームをコントロールしているのだ。