「モノのインターネット」の出現で資本主義システムが根底から崩れはじめた
現代ビジネスブレイブ グローバルマガジン『ニューヨークタイムズ・セレクション』より

資本主義のパラドックスは音楽業界からはじまった

一世を風靡した「Napster」は2010年5月31日をもってサービスを終了した---〔PHOTO〕gettyimages

いま、われわれは、資本主義の核心部で起こっているパラドックス、すなわち、資本主義を偉大なものへと推し進めてきたもの自体が、その将来をおびかすようになるという状況を目の当たりにしている。

本来は競争力を高めるために市場に備わったダイナミズムによって、コストがあまりにも引き下げられたため、多くの商品やサービスがほぼ無料かつ豊富になり、もはや市場の力に左右されなくなってきている。経済学者たちは常に限界費用(※)の低減を歓迎してきたが、技術革新によって、それがゼロ近くまで下がる可能性があるとは予想だにしなかった。

そのパラドックスの最初の兆候は、1999年にはじまった音楽サービス「ナップスター(Napster)」が登場したときに現われた。

ナップスターは、プロデューサーやアーティストにお金を支払うことなく、何百万人もが音楽を共有できるネットワークを開発し、音楽業界に大混乱をもたらした。同じような現象によって、新聞や書籍の出版業界も大きく破壊された。消費者たちは従来型の市場をまったく無視し、ビデオやオーディオ、テキストなどを通じて、情報や娯楽をほぼ無料で共有しはじめた。

(※)生産量を小さく一単位だけ増加させたとき、総費用がどれだけ増加するかを考えたときの、その増加分を指す。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら