[障害者スポーツ]
伊藤数子「世界のイイヅカは終わらない」

~30年の歴史を紡いできたジャパンオープン~
海外選手からも人気の自衛隊員。“安全”と“安心”を提供している

 5月12~18日、福岡県飯塚市で第30回飯塚国際車いすテニス大会(通称:ジャパンオープン)が開催されました。シングルスで優勝したのは、男子は国枝慎吾選手、女子は上地結衣選手。同大会では初の日本人アベック優勝という最高の結果となりました。しかも、大会前は世界ランキング2位だった上地選手がその優勝で1位となり、世界王者であり続けている国枝選手とともに、ランキングにおいても日本人選手がともに1位となりました。

 NPO法人STANDではNECとの協働で、最終日に行なわれた男女シングルス決勝の模様をインターネットライブ「モバチュウ」で配信しました。日本の車いすテニス界にとっての歴史的快挙を世界に配信することができたことを、本当に嬉しく思います。

「モバチュウ」でジャパンオープンを配信するようになって、今年で6年目となりました。年々、私のジャパンオープンへの思い入れは強さを増しています。毎年春になると、飯塚を訪れる日がやってくるのが楽しみで仕方ないのです。自分でも不思議になるほど、ワクワクした気持ちになります。その気持ちは、単にレベルの高い国際大会を目にすることができる、というだけではないような気がしていました。

 今回、改めて感じたのは、他の大会にはない、ジャパンオープン独特の雰囲気に魅力を感じているのだということです。選手、主催者、オフィシャル、審判、ボランティア、観客……そこに集まる人たちが生み出す会場の雰囲気が、私を心地よくさせてくれるのです。それは選手にとっても言えます。海外選手にとって、飯塚市は決して立地のいい会場とは言えません。成田空港や羽田空港を経由し、飛行機や新幹線で福岡へ。さらにそこから車で約1時間ほどかかるため、不便と言わざるをえません。それでも海外の大会と比べても、選手からは非常に人気が高いのです。2008年に国際テニス連盟(ITF)が選手、コーチに行なった調査では、世界で約150ある車いすテニスの大会中、ジャパンオープンは2位でした。海外選手にとって、「イイヅカ」は不便さを補って余りある居心地良さがあるのです。

 その要因のひとつに、地元自衛隊員の支援があげられます。大会期間中、陸上自衛隊飯塚駐屯地の隊員が、会場とホテルを往復し、選手たちの送迎を行なうのですが、自衛隊という組織が持つ規律を持ち込んでくれることで会場全体が引き締まります。一般のボランティアの人だけではこの雰囲気はつくれません。また、自然な態度で接してくれることが、国内外の選手たちから非常に高く評価されているのです。そしてもうひとつ。自衛隊員の存在が安全を確保してくれているという安心感もまた、ジャパンオープンならではの居心地の良さを生み出してくれているのです。