[サッカー]
大野俊三「ザックジャパン、初戦までに万全の準備を」

 ブラジルW杯開幕が、すぐそこまで迫ってきました。27日のキプロス代表戦、日本代表は1対0の辛勝。これを受けて「大丈夫か?」と不安になった方もいるでしょう。しかし、アルベルト・ザッケローニ監督にとっては、想定内の“苦戦”だったと思います。鹿児島合宿での過酷なフィジカルトレーニングの影響で、選手たちの動きにキレがないことは織り込み済み。W杯本番でも、連戦や移動によって疲労が蓄積していきます。ザッケローニ監督はそういった状態を想定してキプロス戦に臨み、どれくらい戦えるのかを確認した。私はそう見ています。

大久保が見せた進化の証

 選手たちは疲れて体が重い時の感覚を覚えたことでしょう。この苦しい経験は、きっと本番で生きると思います。今後は強化ではなく、調整の段階に入っていきますから、選手の体にはキレが戻り、日本特有のパスワークもキプロス戦より格段にスピーディーになるはずです。

 キプロス戦では、約2年3カ月ぶりに代表でプレーした大久保嘉人の存在感に目を見張りました。後半途中から出場し、ファーストタッチでミドルシュート。シュートを打つ意識の高さは彼の特長のひとつです。

 試合中には大久保の進化も見てとれました。以前の大久保は、相当我の強い選手でした。前線でボールを持つと、味方がフリーであっても強引に仕掛けるケースが目立っていたのです。しかし、今は自分を生かすために周囲もうまく利用しながら、理論的にプレーしているように感じます。

 たとえばボールを受ける時は、相手のDFから離れるように動き出す。これは、どうすれば味方がパスを出しやすいのかを理解した上での行動です。受け手の近くに敵がいると、パサーもインターセプトを恐れてパスを出しづらい。今の大久保はパサーの意図を汲み、パスの選択肢を増やす動きができます。若手の柿谷曜一朗や大迫勇也にはない、経験豊富なベテランならではの強みですね。

 また、右太ももの負傷から復帰した内田篤人の回復ぶりにも安心しました。長い距離を走っての攻撃参加がありましたし、守備では相手選手との接触を厭わず激しくプレーできていました。とは言っても、約4カ月ぶりの実戦とあって、内田は不安を感じていたと思います。どれぐらいプレーできるのか、ケガが再発しないか……。その意味で、前半43分の決勝点は、彼の今まで積もり積もっていたフラストレーションを解消する大きなゴールだったのではないでしょうか。

 他の選手同様、疲労の影響で動きはまだまだでしたが、それは今後の調整で上向いてくるはずです。何より、キプロス戦で問題なくプレーできたことで、内田は心が軽くなったと思います。心身ともに健全な状態で、本番に向けた準備に取り組めるでしょう。