メディア・マスコミ
朝日の「吉田調書」特報を無視し続ける大手各紙
朝日新聞デジタル版の特設ページ「吉田調書」

朝日新聞が5月20日付朝刊で「吉田調書」をスクープしてから10日が過ぎた。朝日は通常の紙面で連日の特集を組んだほか、デジタル版で特設ページ(http://www.asahi.com/special/yoshida_report/)を設けるなど大々的に続報を放った。

吉田調書には衝撃的な内容が含まれている。東日本大震災の4日後、東京電力福島第一原発にいた所員の9割が待機命令に違反して現場を離れていたのだ。政界でも調書の公開を求める声が広がっている。メディア全体も大騒ぎしているのだろうか。

ニュースの価値判断は関係ない?

現状は大騒ぎとは正反対だ。朝日を除けば閑古鳥が鳴いている状況である。

全国紙5紙(読売、朝日、毎日、日本経済、産経)を見てみよう。5月20日以降、朝日が1面も含め吉田調書関連報道を全面展開しているなか、他紙は申し訳程度に吉田調書に言及している。29日までの記事数は全体で5本にすぎず、ほとんどは中面で最小のベタ記事扱いだ。

朝日以外で1面を使って吉田調書に触れたのは、5月26日付日経の記事だけだ。もっとも、それは通常のニュース記事ではなく1面コラムの「春秋」であり、しかも吉田調書ではなく福島第一原発の職場環境を主題にしている(日経は30日付朝刊社説で吉田調書を取り上げている)。

読売は? 一切報じていない。吉田調書がまるで存在しないかのように紙面を作っている。紙面を見る限りは、読売にとって調書はベタ記事にも値しないニュースであるわけだ。

5月20日付朝日朝刊の1面トップは「吉田調書」スクープ

経済中心の日経を除けば、全国紙は日ごろから似たような紙面を作っている。にもかかわらず、吉田調書について朝日は連日の1面ニュース、読売は完全無視で対応している。ニュースの価値判断でこれほどの差異が出るのは不自然ではないか。

実は、ここではニュースの価値判断は関係ない。仮に読売が吉田調書を独自に入手していたら、朝日と同じように1面で全面展開していた可能性がある。客観的に判断してニュース価値が大きいなら1面トップ記事として報じ、ニュース価値が乏しいなら中面のベタ記事にするという「客観報道」は二の次なのである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら