医療の枠を越え、幸福な高齢社会の礎となる【前編】---武藤真祐(祐ホームクリニック理事長・宮城県石巻市)
武藤真祐氏(祐ホームクリニック理事長、医師)

時々、筆者ごとき凡人からすると「同じ人間と思えない」というような頭脳や経歴の持ち主と出会う。今回の主人公、武藤真祐氏(43)も、その一人だ。

東大医学部で医師資格、医学博士号を取得。米国医師試験にも合格。循環器内科を専門とし、弱冠33歳で宮内庁侍従職侍医として2年半にわたり天皇皇后両陛下の侍医も務めた。順当にいけば恐らく「50歳代で東大教授」という医師としてのエリート街道の頂点に向かう道筋だった。

しかし2006年、35歳のときに戦略コンサルティングファームのマッキンゼーに転職。傍らMBA(経営学修士号)や米国公認会計士資格も取得する。異分野への転身ながら相応の成果を上げ、こちらも順当にいけば安定的に数千万円の年収を手にし続けるエリート街道だったと思う。

えげつない言い方をするなら、カネも名誉もいかようにも手に入れられるポジション。けれど武藤氏は、いずれの道からも離れ、小さな在宅医療のクリニックを開業する道を選ぶ。2010年1月、38歳のことだ。