「就職よりも、カンボジアに教育を」---21歳・大学生の進路
Share the Windを立ち上げた内田さん

大学卒業後の進路は、カンボジアに教育を届けること---子どもたちが出稼ぎに行かなくてもすむように現地で事業の立ち上げを計画している現役大学生がいる。チャリティーイベントやネットで寄付を集め、今年2月にはカンボジアに小学校を建設した。

この動きを起こしているのは、21歳の現役大学生内田隆太さん(21・東京都市大学環境情報学部4年)だ。カンボジアの教育支援を行う任意団体「Share the Wind(シェアザウィンド)」の代表を務め、同国に小学校を建設したり、国内で若者向けに啓発イベントを開催している。

今年2月には、人口600人ほどのリエンポン村に小学校を建設した。建設にかかった費用は人件費や材料費合わせて185万円だ。2013年1月から毎月チャリティーイベントを開催し、さらにクラウドファンディングも活用し、約1年がかりで集めた。

学校建設には、多くの旅人を巻き込み、レンガ積み作業などを手伝ってもらった

村に雇用創出を

もともと、リエンポン村には2教室分の小学校があった。しかし、午前は1年生、午後は2年生の授業で使われ、3年生以上の子どもたちは、村から3~4キロ離れた小学校まで通学しなければいけなかった。

内田さんたちが、2教室あった小学校に、新たに2教室を追加したことで、この村は4つの教室を持てるようになった。来年度からは、4つあるうちの2つの教室を、幼稚園としても活用するという。

同国では、年齢が上の子どもが下の子どもを気遣う傾向にある。なかには、お姉さんがわずか5,000円ほどで見知らぬ大人に身体を売り、妹や弟を学校に通わせているケースもある。

内田さんは、「近くに弟や妹がいることで、心配なく自分たちも学校に通えるようになる」と言う。今後の展望は、「村に産業を興すこと」だ。経済的に貧しい家庭の子どもたちは、学校に通わずに、出稼ぎに出ているため、村で雇用を生み出すことを狙う。

村の資源で、衣類の染料や、オイル、石鹸などを作る予定だ。キノコを栽培し、市場に売り出すことも考えている。

建設した小学校の校舎
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら