[BCリーグ]
石川・森慎二監督「待たれる先発2番手の台頭」

 27日現在、石川ミリオンスターズは21試合を終えて8勝13敗と負け越している状況です。なかなか勝ち星を積み上げることができない原因のひとつは、やはり先発投手の不調が挙げられます。特に大きいのは、昨季までエースとしてチームの大黒柱だった南和彰(神港学園高-福井工業大-巨人-カルガリーバイパーズ)の調子が戻らないこと。開幕前の3月に痛めた右肩も本調子ではないものの、だいぶいい状態と聞いています。それでも、調子を上げることができていません。本人もはっきりした理由はわからないようですが、とにかく動きが良くありません。身体全体的に本来の柔軟性のある動きができていないのです。ただ、これまでもさまざまな状況に対応してきた経験豊富なピッチャーですから、必ず復調してくると信じています。

 南の代わりにエースとして奮闘しているのが、新加入のループ(米国)です。チームに合流した当初から、活躍をにおわせるだけのボールを放っていましたから、4勝1敗、防御率0.96という成績自体には特に驚いてはいませんが、チームが苦しい状況の中、本当によくやってくれています。

 ループは真っ直ぐにキレがあり、変化球でストライクや空振りをとることができます。制球力もまずまずと、全体的にまとまったピッチャーです。今のままでも十分、BCリーグではやっていけるでしょう。しかしNPBを狙うのなら、スピードアップは必須です。現在、最速は140キロ台ではあるものの、常時平均は130キロ台。これがコンスタントに140キロ台が出るようになれば、NPBのスカウトも目をかけてくれることでしょう。

 スピードアップのためには、もちろん技術的、体力的なことも挙げられますが、まずは考え方を変えること。ループとしては、実際に今、抑えられているわけです。しかし、彼が最終的に目指しているのはBCリーグではないはずです。今のままでは次のステージに進むことはできない。そのことに気づいてほしいのです。

 25日に行なわれた広島カープの2軍との試合では、ループは5回を投げて6安打5失点で負け投手となりました。打線が1巡するまではほぼ完璧に抑えていましたが、2巡目に入ると、ボールをとらえられてしまったのです。NPBに上がるには、さらなるレベルアップが必要だということを、ループ自身が痛感した試合となったと思います。