「万年野党」が結党大会開催でついに本格始動! 
政財界の改革派大物が議論した
「国会リストラ」をレポート

5月26日、万年野党結党大会が開催された 

5月26日に開催となった『万年野党“結党”大会』、東京タワーの足元、スターライズタワーは、政財界から多くの大物達から、政治に関心のある高校・大学生まで、席が足りなくなるほどの参加者が集まり熱気に包まれた。TBS『NEW23』が当日夜に特集するなど数多くのメディアも参加、関心の高さを感じることができた。

田原総一朗氏、堺屋太一氏、竹中平蔵氏らが「国会リストラ」を熱弁!

結党大会は、NPO法人「万年野党」会長であるジャーナリストの田原総一朗氏の「今の国会がなっていない。与党もなっていないが、野党はもっとダメ。安倍さんを、与党をギョッと言わせる、あるいは危機感を抱かせる存在になれ、つまり“万年野党”とはそういう事だ。」との挨拶から始まった。

「万年野党」アドバイザリーボードを務める作家の堺屋太一氏は、「野党の人たちが自分たちの立ち位置を意識するべきだ」「坂本龍馬や西郷隆盛など、歴史の教科書に顔写真が載っているのは、みな“野党”。顔写真の載っている政府側の老中は1人もいない。将来、顔写真の載る様な人を目指せ」と話した。

同じくアドバイザリーボードの竹中平蔵 慶応義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長は、米国ブルックリン研究所の例などを紹介し、「海外にはこうした『政策NPO』が数多くある。国内にも『政策NPO』が必要、まさにそれが『万年野党』だ」と、設立の意義を説明した。

会場には、田原総一朗会長氏を筆頭に、理事長であるオリックスの宮内義彦氏、アドバイザリーボードの、竹中氏、堺屋氏、さらに古賀茂明氏、磯山友幸氏、岡田彰氏、橘川幸夫氏、城繁幸氏、髙橋洋一氏、高橋亮平、野村修也氏、原英史氏、八代尚宏氏、湯元健治氏、ロバート・フェルドマン氏などが顔を揃え、入れ替わり、立ち替わり壇上に上って、どのように「国会をリストラクチャーリング(再構築)」していくかと議論を行った。

「万年野党」の役員には、この他にも、帯野久美子氏、小黒一正氏、草刈隆郎氏、櫻井敬子氏、鈴木亘氏、高橋茂氏、辰巳琢郎氏、冨山和彦氏、橋本博之氏、八田達夫氏、屋山太郎氏、岸博幸氏などが名を連ねる。

「万年野党」の目指す「政策NPO」の大きな役割は、政府の政策や国会の監視と、政策の提言にある。「政府の監視」という機能については、本来、野党やマスコミが果たすべきものだが、現在の日本においては、いずれも十分機能しているとは言えない。この結果、政府が自己増殖し、民間への過剰な介入や規制を行ない、活力ある経済社会の実現が阻まれるといった問題が生じている。

こうした状況を打開するため、本来野党などの果たすべき監視機能を補完する存在が必要になる。「万年野党」が目指すのは、いわば「国会外の万年野党」ともいうべき役割を果たすNPOになることである。

もちろん、監視というチェック機能だけでは、いけない。「万年野党」では、これまでも様々な政策提言を行ってきたが、今後も監視だけに留まらず、外部だからこそできるシガラミに捕われる事のない、あるべき政策の提言も同時に行っていく。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら