賢者の知恵
2014年05月29日(木) 佐藤慶一

「家事・子育てに男女の役割はない」 イクメン先進国、フィンランドとデンマークから学ぶこと

upperline
左から、境治氏、吉田大樹氏、イェンス・イェンセン氏、ミッコ・コイヴマー氏

2014年5月27日(火)、ハフィントンポスト日本版の1周年記念イベントが開催された。この1年でひときわ反響の大きかったという女性(男性)の働き方、ワークライフバランス、子育てなどをテーマに有識者や発信者が登壇した。この記事では、「イクメン先進国に学ぶ」というセッションを紹介する。

パネリスト
●ミッコ・コイヴマー氏(フィンランド大使館参事官)
●イェンス・イェンセン氏(一般社団法人日本コロニヘーヴ協会・代表理事、エディター、コンサルタント)
●吉田大樹氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事)
モデレーター
●境治氏(コピーライター・メディア戦略家)

モデレーターの境治氏はハフィントンポスト日本版上で「赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。」という記事を執筆した人物。大変な反響を呼び、これまでにFacebook上で16万を超えるいいね!を得ている。

〈 子育てを母親だけに押し付けてはいけない。そして少子化の原因のほとんどがそこにあるとぼくは思う。良妻賢母の幻想を女性たちに無理強いしてきたから子供が減った。「ごめんなさい、それ無理です」と女性たちが思っているのだ。そしてその押し付けは間違っているのだ。

母親に押し付けずに、父親も参加するし、親兄弟もサポートするし、社会全体が支えてくれる。子育てはそんな風に、みんなで包み込んであげないと、できないのだ。 〉

次ページ パネリストには、フィンランド大…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事