[プロ野球]
佐野慈紀「西&一岡、好調のワケ」

 3月28日に開幕したプロ野球は、約2カ月が過ぎ、20日からは交流戦がスタートしています。ここまで好調をキープしているのが、パ・リーグではオリックスですね。そしてセ・リーグでは交流戦でやや苦戦していますが、それでも首位をキープしているのが広島です。少し気の早い話ですが、優勝すればオリックスは1996年以来18年ぶり、広島は91年以来23年ぶりと、ともに久々の快挙。それだけに両球団のファンは、秋が待ち遠しくて仕方ないのではないでしょうか。

確立した自分の“間”

 オリックスも広島も、好調の要因には投手陣の安定感が挙げられます。チーム防御率を見ると、24日現在、オリックスは2.40、広島は3.43と、それぞれリーグでトップです。

 オリックスと言えば、今や日本一のエースと言っても過言ではない金子千尋がいます。しかし今季、その金子を凌ぐ活躍をしているのが西勇輝です。昨季は9勝(8敗)にとどまった西ですが、今季は既に8勝。しかも開幕から無傷の8連勝と、球団新記録をマークしています。

 好投が続いている最大の理由は、粘り強さにあると感じています。これまで西のピッチングは、特にピンチになると「いってまえ!」とばかりに勢いに任せているように見受けられました。しかし今季は1球1球、より丁寧に投げている感じがします。ランナーが出ても、あわてることなく自分の間合いを大事にして投げているのです。テンポが安定しているため、バックの野手にもいいリズムが出てくるのです。

 このテンポの作り方は、チームメイトである金子の影響を受けているのかもしれません。昨季、15勝8敗、防御率2.01という好成績を挙げた金子は、開幕24連勝を達成した田中将大(現ヤンキース)の陰に隠れてしまいましたが、実は沢村賞投手の基準をすべてクリアしていたのです。そんな好投手が目の前にいるわけですから、西としてはこれ以上ない見本となっていることでしょう。いろいろと金子から学んでいるのだと思います。

 それともうひとつ。バッターをうまく打ち取っている要因は、コースではなくボール自体を重要視しているからです。勝負の場面になって、厳しいコースを狙おうとすると、どうしてもコントロールを意識してしまいます。それでは、思い切り投げることができません。10ある力のうち、8や9になってしまう。しかし、西は「このボールで勝負するぞ」と、ボール自体を意識して投げている。だからこそ、10の力で勝負することができているのです。

 しいて注意点を挙げるとすれば、テンポや配球パターンを気にするあまり、固執してほしくないということ。例えば、3球勝負でいける時には、思い切って勝負にいってもいいと思うのです。バリエーションに富んだピッチングをしてもらいたいですね。