「超入門 資本論」【第2回】
労働者は、なぜしんどいのか?

〔PHOTO〕gettyimages

【第1回】はこちらをご覧ください。

日本経済は「失われた20年」と言われる不況に苦しんでいます。2013年、自民党安倍政権が誕生し、いわゆる「アベノミクス」がスタートしました。一部には景気が回復してきた"証拠"があるようですが、国民の大半はそれを実感していません。

一方で、やらなければいけない仕事はあとからあとから湧いて出てきます。

日本は経済先進国です。中国に抜かれたとはいえ、世界3位の経済大国です。豊かな国のはずなのです。しかし、その「豊かな国」で生きるぼくらは、その豊かさを実感していません。むしろ時代が進むにつれて、さらに仕事が長時間になり、しんどくなっているような印象さえ受けます。

これは一体どういうことなのでしょうか? その答えは『資本論』の中にありました。

値付けの論理

労働者はなぜしんどいのか? その大きな理由は「お金」です。つまり、給料です。働いても働いても、給料が上がりません。むしろ、この15年くらいは、給料が下がっています。1997年から2013年を考えると、サラリーマンの平均年収は2007年に一度やや上がっただけで、今年まで継続的に下落傾向にあります。

2000年代前半から、リーマンショックが起こる前まで、日本は通称「いざなぎ超え」という戦後最長の景気拡大期にありました。その景気拡大期にさえも、給料は下がっていったのです。

景気が良くなれば、給料も上がっていそうな気がします。しかしそうはなっていません。ある特定の企業だけ下がっているのであれば、納得もできます。しかし世の中全体的に下がっているのです。

なぜか? その答えを知るためには、まず「商品の価格の決まり方」を理解する必要があります。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら