不正・事件・犯罪
世界的臨床医・南淵明宏氏が告発「ノバルティス事件、小保方問題、血圧正常値論争の病根は共通。膿を出すのは今」

「医療と研究と健康」の歪みを示す事件が同時発生

東京地検特捜部が手がけている世界有数の製薬会社・ノバルティスファーマの薬事法違反(誇大広告)事件が大詰めを迎え、データ改竄に関わったノバルティス元社員のほか、臨床試験に関わり、論文を発表した大学教授の責任も問われる見通しになった。

国民はノバルティス事件の震源に、製薬会社からカネをもらって研究を続け、製薬会社が望む論文を書くような大学教授も同罪ではないかと思っている。

そういう意味で、「大学教授の犯罪」にまで捜査が及ぶのは望ましいが、一方で、同時に論争を置き起こした理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダーを巡る問題、人間ドック学会が健康基準値を大幅に引き上げたことによる健康論争などには、日本の医療業界が抱える構造的な歪みが読み取れる。

同時に発生した「医療と研究と健康」を巡る問題を、どう理解すればいいのか。どこに歪みの根源があるのか。

心臓外科手術という、真の現場から情報発信する心臓外科医として知られる南淵明宏・医療法人「冠心会」大崎病院東京ハートセンター長に質した。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら