『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』
「良貨」になりうる3つの理由
吉本佳生・西田宗千佳=著

メニューページはこちら

「通貨の未来」を徹底的に考える――。

「国家の後ろ盾がある法定通貨」は、じつは完全無欠ではない。為替リスクを抑え、送金手数料も安い暗号通貨は、「欠点だらけの現行通貨」を革新する可能性を秘めている。シンプルな暗号が、なぜおカネになるのか? 電子マネーやクレジットカードとどうちがうのか? 偽造される心配はないのか? 私たちの生活に、どんな影響をおよぼすか? 投資家たちを震撼させても、なお進化を続けるビットコイン。その背後に潜む数学や暗号技術と、経済へのインパクトをくわしく語る。


はじめに

 いまから300年以上前の1694年、イングランド銀行──現在のイギリスの中央銀行が設立されました。翌々年の1696年にイギリスの王立造幣局の監事となり、1699年には長官の座に就いて、国家が発行する貨幣の守護者となったのは、偉大な数学・物理学者のアイザック・ニュートン(1642~1727)でした。

 すでに科学者としての輝かしい研究業績のほとんどを生み出し終えていたニュートンは、当時のイギリスで横行していた贋金づくりの組織と対決し、鮮やかな手腕で激減させました。贋金づくりは国家に対する反逆であるとして、首謀者を死刑にすることで、〝国家通貨〟の価値と威信を維持したのです。

 その一方で、ニュートンは〝錬金術〟の研究にも熱中していました。のちに、やはりイギリスが生んだ偉大な経済学者のジョン・メイナード・ケインズ(1883~1946)は、そうした研究の業績を収集して読んだうえで、ニュートンをつぎのように評しました。──ニュートンは、合理主義の理性にしたがう近代科学者の最初にして最大の人とみられているが、そうではなく、何千年も前のパピロニア人やシュメール人と同じように錬金術などに魅入られた、「最後の魔術師」だ。

 ニュートンは、王立造幣局長官として多額の報酬を得ましたが、イギリス史上最悪のバブルといわれる「南海バブル」(1720年)に巨額の投資をして大損しました。この、ニュートンも踊らされた株価バブルこそが、人々の付和雷同によって資産価格が高騰する現象を指す、〝パブル〟という経済用語の語源です。

 稀代の天才ニュートンは、国家通貨を守る立場として活躍しながら、他方で、通貨の裏づけとなりうる金をつくり出す方法を研究し、当時の新しい金融手法に乗ってカネ儲けをしようとして失敗しました。

 それから約300年の時を経て、いままた、世界中の天才数学者たちが〝現代の錬金術〟に熱中しています。数十年前には、確率微分方程式などの高等数学を駆使した「金融工学」をウォール街(金融市場) に持ち込み、金融取引で巨額の富を生み出す方法を確立したかにみえましたが、アメリカの住宅バブル崩壊とともに、2008年にリーマンショックを引き起こして世界経済を混乱させる原因のひとつとなりました。

 入れ替わるかたちで現れたのが、「ビットコイン(Btcoin)」と呼ばれる〝暗号通貨〟あるいは〝仮想通貨〟です。世界中の天才数学者たちが協力して今回つくりあげたしくみは、まさに「計算作業がそのまま通貨(カネ)を生む」ものです。金融工学のように数学が間接的にカネを生むのではなく、ビットコインでは、数学が直接にカネを生み出します。また、ニュートンが〝死刑の恐怖〟で贋金づくりを防止したのに対し、いまの数学者たちは〝洗練された暗号理論〟で、電子データでできた通貨の偽造を防止します。