なぜ戸越銀座ばかりがテレビに取り上げられるのか? 日本で一番テレビに露出する商店街の「話題」と「評判」のつくり方(前編)

戸越銀座は日本一テレビに露出する商店街なのか?

今年のゴールデンウィークは、ゆっくり、のんびり自宅で過ごさせてもらいました。中学生と高校生になった息子二人は学校のクラブ活動が忙しくて、お出かけ相手は4歳の娘と妻。公園に行ったり、地元・戸越銀座のお気に入りの氷屋さんにかき氷を食べに出かける程度でした。

ところで、戸越銀座商店街のゴールデンウィークの人出は、例年に増して多かったような気がします。昨年から今年にかけて、人気バラエティ番組での露出が続いているせいか、ここのところ週末は外からの観光客(非地元客)の姿が目立ちます。

かき氷のカップにかぶりつく娘の姿を横目にみながら、「こんなにテレビに取り上げられる商店街は他にないなあ。日本一テレビに出ているんじゃないの!?」と思いつきました。で、職業病でしょうか、実際に調べてみることに。

まず、「戸越銀座商店街」キーワードでヒットした番組露出件数は、

2012年5月13日~2013年5月12日 → 28件
2013年5月13日~2014年5月12日 → 71件

という結果でした。直近1年は71件で、2年間の累計では99件ということになります。

次に、他の有名商店街(東京都内)と直近1年で比較してみたところ、「巣鴨地蔵通り商店街」65件、「武蔵小山商店街」58件などをおさえて、戸越銀座商店街は、堂々の第1位でした。地方局やBS、CSまでを入れた調査ではありませんが、私の仮説はあながち外れていないことは確かです。

しかも、前年は28件で僅差ながら5番手でしたので、そこからのジャンプアップということになります。(データ元はエム・データ。単なる地名や○○支店のような露出ではなく、商店街を取り上げたものを対象に検索)

そもそも戸越銀座商店街をご存じではない皆さんもいらっしゃると思いますので、プロフィールを簡単にご紹介します。

戸越銀座商店街は、東京都品川区にあり、東急池上線の戸越銀座駅を挟んで東西1.3キロにわたって続く東京イチ長い商店街です。戸越銀座商栄会商店街、戸越銀座商店街、戸越銀座銀六商店街の3つの振興組合から構成され、通りには約400軒の店舗が軒を連ねています。最大の特徴はその長さなのですが、元々は3つの別々の商店街で、いまから10数年前までは、「戸越銀座商店街」として一つにはまとまっていなかったようです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら