三橋貴明の「第2次所得倍増計画」

【第13回】第六章 正規雇用労働者と非正規雇用労働者の所得格差対策とは(前編)
~「働く国民」と「将来のための投資」
が日本経済再生の鍵となる!~

2014年05月20日(火) 三橋 貴明
upperline

【第12回】はこちらをご覧ください。

新幹線にこめられた意志

バブル崩壊と97年の橋本緊縮財政により我が国の国民経済がデフレ化する以前、日本経済の強さの根幹、いわゆる「コア・コンピタンス(中核的能力)」は何だったのだろうか。あるいは、日本企業の強みは何だったのか。筆者はサラリーマン時代、アメリカ人の経営者などから、

「日本企業の経営者の視点は、極めて長期的だ。短期の利益ばかりを追求する(追求せざるを得ない)アメリカ企業では太刀打ちできない」

という感想(多少、おせじも入っているのだろうが)を何度か聞いた。

現在の我々の生活が極めて快適で、それなりに豊かに暮らしていけるのは、「緑の革命」に代表されるイノベーションのおかげだ。筆者は「イノベーション」といった定義曖昧な用語が本来は嫌いなのだが、ここでは「世界を変えるインパクトを持つ技術投資」という意味で使っている。

緑の革命とは、1940年代から60年代にかけ、品種改良や化学肥料の発達により、農業の生産性が劇的に向上した「革命」である。当時から、

「地球上の人口は増えすぎた。このままでは食糧生産が追い付かなくなり、世界中で餓死者が発生する事態になる」

と、マルサスの「人口論」的な懸念を口にする人が少なくなかったのだが、現実には農業の生産性が急上昇したことで、予想は現実のものにはなっていない(無論、内戦等で経済システムが破壊され、少なくない餓死者を出した国は存在するが)。

そして日本におけるイノベーションといえば、交通インフラの整備である。現在の日本国民は日常的に新幹線や高速道路を利用し、繁栄を謳歌している。この種の交通インフラについて「無駄だ」などと切り捨てる人は、是非とも一度ミャンマーなどの、インフラ未整備な国に行ってみてほしい。交通インフラが充実した日本国において、自分がどれだけ恵まれた生活をしているかが分かるだろう。

次ページ 発展途上国だけではない。たとえ…
1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事