[ボクシング]
杉浦大介「チャーリー太田が迎える“審判の日”」

チャーリーにとって一世一代の大勝負はもうすぐだ。

5月24日 カナダ・モントリオール ベルセンター
スーパーウェルター級10回戦
 WBO世界スーパーウェルター級6位
ジャーメル・チャーロ(アメリカ/23戦全勝(11KO))
vs.
 WBO世界スーパーウェルター級9位
チャーリー太田(アメリカ、日本/24勝(16KO)1敗1分)

世界タイトル挑戦につながる大一番

 ニューヨーク生まれの元日本&東洋太平洋スーパーウェルター級王者、チャーリー太田の“キャリア最大の一戦”が間近に迫っている。
 来週末に米メガケーブルテレビ局Showtimeがカナダから生中継する注目の興行で、ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)が手塩にかけてきたトッププロスペクトのチャーロと対戦する。今回の一戦はチャーロにとってタイトル挑戦前の最後の関門であり、同時にShowtimeを通じて、その能力をアピールするためのショウケース・ファイトだと言ってよいだろう。

 そして、その対戦相手に抜擢されたチャーリーにとっても、アメリカで名前を売る大きなチャンスである。
「重圧は感じていないよ。こんな重要な試合をずっと待ちわびていたからね」
“楽しみな一方でプレッシャーもあるのでは?”と訊くと、チャーリーからはそんな答えが返って来た。正直な想いの吐露なのだろう。

普段は心優しいナイスガイのチャーリーだが、この試合にかける想いが強いことは言うまでもない。

 これまで日本で実績を積み上げ、世界ランキングにも入りながら、ビッグファイトのチャンスは廻ってこなかった。ニューヨークで2戦2勝ながら、合間に組まれた試合が直前で流れる不運などもあって、望んでいたアピールは叶わないまま。世界的に層の厚いスーパーウェルター級という階級だけに、32歳になった黒人ファイターには焦りもあったはずだ。

 紆余曲折の果て、ついに巡ってきた今回の一戦は、まさにボクシング人生を左右する大一番である。Showtimeで中継される試合で印象的な形で勝てば、商品価値は一気に上がる。そのときには、日米両方のボクシングファンから支持を受けて、近未来に世界タイトル挑戦にこぎ着けられるに違いない。