メディア・マスコミ
データジャーナリズムアワードに多数ノミネート! プロパブリカのデータジャーナリズム事例

海外ではデータジャーナリズムの事例が多く出ている。

たとえば、「Data Journalism Awards 2014」のファイナリストに75のメディアの取り組みが選出されたばかり。これは世界中の報道メディア機関の編集者ネットワーク 「Global Editors Network(GEN)」が主催し、GoogleやKnight Foundation(ナイト財団)などがスポンサーを務めるアワードだ。

メディア企業をはじめ、NPOや個人でデータジャーナリズムに取り組む方々が参加できるアワードであり、政府機関や企業が絡んでいるものは応募できない。

この記事ではファイナリストの中から、最多ノミネートとなった、調査報道を行う非営利メディアとして知られるProPublica(プロパブリカ)の事例を13個まとめて紹介する(次に多いのはニューヨーク・タイムズで12事例)。