現代新書
明日(あした)はあなたも殺人犯!

検証「恵庭OL殺人事件」再審棄却決定 瀬木 比呂志(明治大学法科大学院教授)
『絶望の裁判所』著者の瀬木比呂志氏。現在、第2部の準備中

2000年3月に北海道恵庭市で起きた殺人事件を覚えておられるだろうか?

OLが、三角関係のもつれから同僚女性を絞殺し、死体に火を放って損壊したとされる事件は、「恵庭OL殺人事件」として、新聞、テレビ、週刊誌を大いににぎわせた。しかし、実は、この事件の容疑者となった女性は、一貫して、無実、冤罪を主張していたのである。

だが、事件から約14年が経った2014年4月21日、札幌地裁は、大方の予想に反して、容疑者からの再審請求を棄却する決定をした。

元裁判官で、ベストセラー『絶望の裁判所』(講談社現代新書)の著者である瀬木教授は、札幌テレビからこの事件に関連して取材を受けたことがきっかけで、詳細を調べたところ、「本当にこの証拠で有罪にしたのか」と言葉を失うほどの、検察寄りの片寄った証拠評価が行われていたという。瀬木氏は「日本の刑事司法においては、いったん警察、検察に目を付けられたら、裁判官がむしろ例外的な良識派でない限り、どうがんばっても、有罪を免れることはできない。再審も開始されない」と、暗澹たる気持ちになったという。

瀬木氏は、「冤罪は決して他人事ではない」ことを多くの方に知ってもらうために、「恵庭OL殺人事件」の再審請求棄却決定を批判的に考察する文章を『現代ビジネス』に緊急寄稿した。「日本の刑事司法は中世並み」とよくいわれるが、本稿を読めば、これが決して誇張ではないことがわかるはずだ。

なお、瀬木氏は、現在、日本の裁判の問題点と裁判官の判断構造を、数々の事例を通じて、体系的に、またリアリスティックに明らかにする『絶望の裁判所第2部』(仮称)を準備中であり、その中でこの事件についても取り上げる予定である。

「あらゆることに償(つぐな)いはつく、と人は言うが、
 どんな距離も、ゼロではない
 だから、私は、今も忘れはしない
 私を牢獄(ここ)に入れた人たち
 その、ひとり、ひとりの顔を」
          ボブ・ディラン「アイ・シャル・ビー・リリースト」