現代ビジネスからのお知らせ

講談社ブルーバックス『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』刊行記念---吉本佳生さん×西田宗千佳さんトークイベント【5月29日(木)】

2014年05月15日(木)
upperline
[左]吉本佳生氏(エコノミスト・著述家)、[右]西田宗千佳氏(フリージャーナリスト)

話題の暗号通貨「ビットコイン」はこれからどうなる?

ITの専門家と金融・経済の専門家が徹底討論。

暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり刊行記念トークイベントを開催!

【イベント概要】
●会場: 丸善 丸の内本店3F日経セミナールームより生中継
●開催日時: 2014年5月29日(木)19:00~

ニコニコ生放送「ゲキbiz田原チャンネル」はこちらから
URL: http://live.nicovideo.jp/watch/lv179553241
【出演者プロフィール】

吉本佳生(よしもと・よしお)
1963年、三重県生まれ。エコノミスト・著述家。専門分野は生活経済、金融経済、国際金融。著書に『確率・統計でわかる「金融リスク」のからくり』(講談社ブルーバックス)、『金融工学の悪魔』(日本評論 社)、『スタバではグランデを買え!』(ダイヤモンド社)など。NHK教育・総合テレビで放送された「出社が楽しい経済学」の出演・監修者。

西田宗千佳(にしだ・むねちか)
1971年、福井県生まれ。ネットワーク、IT、先端技術分野の第一人者として活躍するフリージャーナリスト。著書に『顧客を売り場に直送する――ビッグ データがお金に変わる仕組み』(講談社)など。月に2回、毎号書き下ろしの短編電子書籍を販売する個人メディア「西田宗千佳のRandom Analysis」で、新しいメディアの形を模索している。
暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり
「良貨」になりうる3つの理由

著者=吉本佳生、西田宗千佳
講談社 / 972円(税込)

◎内容紹介◎
21世紀の「金融イノベーション」がはじまった! 「国家の後ろ盾がある法定通貨」は、完全無欠ではない。暗号通貨は、「欠点だらけの現行通貨」を革新する可能性を秘めている。
暗号がなぜ、おカネになるのか? 電子マネーやクレジットカードとどうちがうのか? 偽造される心配はないのか? ビットコインの背後に潜む数学や暗号技術と、経済へのインパクトをくわしく語る。

⇒本を購入する AMAZONはこちらKindle版)/ 楽天ブックスはこちら

 



underline

アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事