[BCリーグ]
富山・吉岡雄二監督「見え始めた好転の兆し」

 14日現在、富山は16試合を終えて5勝11敗と、負けが込んで苦しい状況となっており、現在はさまざまなことを修正しているところです。しかし、チームの状態は徐々に良くなってきているという手応えを掴んでいます。投打ともに、選手たちに力はあります。それをどう試合に出していくかが、これからの課題です。

 なかなか勝ち星を挙げられない要因のひとつは、先発投手が早いイニングで崩れ、試合をつくれないことにありました。これまでは5回もたずに降板することも少なくなかったのです。その大きな原因は、投げるスタミナが不足していたこと。3、4回にもなると、スピードもキレも落ちてしまっていたのです。

 そこで、普段の練習では走り込みや投げ込みを増やし、スタミナをつくってきました。その成果が、ここにきてようやく出始めています。9日の石川ミリオンスターズ戦では白星はつきませんでしたが、髙塩将樹(藤沢翔陵高-神奈川大-横浜金港クラブ)が7回4失点、10日の福井ミラクルエレファンツ戦では隆史(加藤学園高-関東学院大)が10回を投げて1失点と好投し、延長戦を制しました。スタミナ面が改善されたことによって、これまで発揮できなかった彼らの力が出始めてきたのです。

 その一方で、現在個別にミニキャンプをして鍛えなおしているのが、安斉雄虎(向上高-横浜)です。彼は2009年のドラフトで横浜(現横浜DeNA)に3巡目で指名されている投手ですから、もともとの能力は高いのです。彼本来のボールを投げることができれば、BCリーグではトップクラスであることは間違いありません。

 しかし、まだ身体が出来上がっていないのです。これまでは技術面ばかりを求めていたのでしょう。現在はとにかく身体づくりを重視したメニューを課しています。疲労のピークを1、2回つくることで、それ以降は身体の動きも変わってくるはず。ファンの皆さんには、もうしばらくお待ちいただけたらと思っています。

 打線は2割3分5厘とチーム打率はリーグ最下位ですが、それなりに得点することはできているという手応えはあります。ただ、まだチャンスが続いている時に、追加点を奪ってたたみかけるといったことができていないというのが現状です。それが残塁数の多さにもつながっているのです。特に接戦を制するには、チャンスの時にもう1、2点取れるような攻撃をしなければ、競り勝つことはできません。そのためには、いかにつなぐ攻撃ができるかが、今後の課題となります。