現代新書
「人生の最期は、家でひとりで」の時代がやってくる
『孤独死のリアル』著者・結城康博インタビュー

「孤独死」――誰にも看取られずに自宅で亡くなり、死後、2、3日以上たってから遺体が発見される死。独り暮らし世帯がいま、増えている。とくに65歳以上の高齢者の独り暮らしは増える一方だ。これからは誰にとっても他人事でなくなる孤独死の実態を、データや現場の声を通して描く『孤独死のリアル』(講談社現代新書)。著者・結城康博氏は、介護保険など社会保障政策の論者として知られるが、以前は都内区役所のケアマネジャーなども経験した福祉専門職員。現場経験も長い。その経験や視点をふまえた同書について語ってもらった。(聞き手=編集部)

孤独死に関わる人々を全国に訪ねた

「孤独死はもはや身近な問題」。地方自治体の高齢者福祉担当職を経て研究者になった著者が、経験や現場の本音をふまえて語る

――この本では、孤独死の現場に関わるさまざまな人の話が出てきますね。

結城 ひとりの人が孤独死で亡くなると、ほんとうに多くの人が関わることになります。遺体が発見されたらまず警察、検視医など。そのあとは葬儀業者、僧侶、便利屋や遺品整理業者、行政の担当者、アパートの大家などです。

 また、孤独死を防ぐために、いろいろな取り組みや、行政が民間と組んだサービスも行われています。行政による戸別のゴミ収集サービスなどもあります。自治会やNPO、新聞やヤクルトの販売所、診療所の人たちに、話を聞きに行きました。

――取材先で、いちばん印象に残ったのは?

結城 いろいろありますが、強烈だったのは、遺体を扱う葬儀業者から聞いた話です。孤独死の場合、2、3日中に遺体が発見されればまだよいですが、1ヵ月近くなってしまうと……、グジャグジャになってしまい、大きなビニール袋に入れて、くるまなければならなくなります。臭いもすさまじいです。部屋も、遺体からにじみでた脂で床をすべて張り替えなければならない状態になります。

 家族が身元確認をしたら、そのあと遺体を扱うのは葬儀業者です。こんなケースでは、葬儀でも故人のご遺体との「最期のお別れ」はありません。

 そういうわけで、葬儀業者は孤独死の実態をよく知っているんですね。

結城康博(ゆうき やすひろ) 1969年生まれ。淑徳大学社会福祉学部卒業。法政大学大学院修了(経済学修士、政治学博士)。1994~2007年、地方自治体で勤務。この間、介護職、ケアマネジャー、地域包括支援センター職員として介護部署などの業務に従事(社会福祉士、ケアマネジャー、介護福祉士)。現在、淑徳大学総合福祉学部教授(社会保障論、社会福祉学)。著書に『介護』(岩波新書)、『日本の介護システム』(岩波書店)、共編著に『孤独死を防ぐ』(ミネルヴァ書房)など。

――結城さんは、研究者になる前は、区役所の福祉担当職員だったのですね。

結城 はい、高齢者福祉の現場では、計6年間働いていました。大学卒業後、福祉専門職として北区、そのあと新宿区に勤めたのですが、新宿区では、ケアマネジャー(=ケアマネ、要介護高齢者の在宅介護サービスをコーディネートする仕事)、相談員、地域包括支援センター職員などをしていました。夜間の大学院を修了して淑徳大学の教員になってからも、しばらくは二足の草鞋で、非常勤で特別養護老人ホームのケアマネもやっていました。

――孤独死問題に関わるようになったのも、区職員の時代からですか?

結城 そうですね。僕が勤めていた新宿区は、当時から独り暮らし高齢者が多い区でしたし、高齢者福祉課には「孤独死対策」という名前の仕事もありました。

 ケアマネ時代には、ヘルパーや民生委員から、応答のない独り暮らし高齢者の相談を受けて「万が一、孤独死してしていたらどうしよう」と、緊急措置で2階の部屋によじのぼってベランダから立ち入ったこともあります。担当している高齢者が孤独死したらどうしよう、というプレッシャーで、用事がなくても定期的に訪問したりもしていました。そういうことは僕だけではないらしく、当時も似た話をよく聞きました。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら