金融・投資・マーケット
「外れ馬券は経費と認める」判決出たが、そもそも馬券の利益を非課税と定めるべきではないか

大勝ちしたら申告しないと「脱税」の恐れあり!?                photo gettyimages

外れ馬券代は経費なのか?

5月9日、大阪高等裁判所は、全国の競馬ファンが注目する控訴審の判決を言い渡した。

米山正明裁判長は「外れ馬券の費用も経費に含めるべきだ」と述べ、課税額を大幅に減額して懲役2カ月執行猶予2年(求刑懲役1年)とした一審・大阪地裁判決を支持し、検察側の控訴を棄却した。

国税及び検察側の主張は、国税庁通達では馬券(正式には「勝ち馬投票券」だが本稿では「馬券」と書く)の儲けは一時所得であり、一時所得に対する課税にあって経費は直接的な費用以外に認められないのだから、経費は当たり馬券の購入費用だけだ、というものだった。この場合、外れ馬券代も含めた差し引きの儲けを大幅にこえる巨額の課税所得が認定されることになる。

これに対して被告側の立場は、馬券の利益に対する課税は認めるとしながらも、外れ馬券の購入費用も経費であるとして、実質的な儲けに対する課税が妥当だとするものだ。

大阪高裁は、被告の馬券購入を「営利目的の継続的行為」として、雑所得とみなし、この際の判断基準として「回数や頻度、規模も当然考慮に入れるべきだ」と指摘し、男性が5年間にわたり週末の全レースを対象に機械的に賭けて利益を得ようとした実態を重視し、男性が得た払戻金は雑所得に当たり、脱税額を小さく認定した(といっても約5200万円もある)。

被告の男性が、控除率(勝ち馬投票券購入代金のうち主催者であるJRAの取り分)が約25%にも及ぶ日本の競馬で継続的に儲けたことは、一競馬ファンとして大いに賞賛したいが、現行のルール(所得税法)で、課税対象になるのは仕方が無いし、脱税はまずい。

とはいえ、競馬ファンの実感としては、儲けに課税されるのは仕方が無いとしても、外れ馬券の購入代金は、当たり馬券を得るための「経費」だろう。

馬券を買う時点では、後に当たる馬券も外れる馬券も区別が出来ない。また、JRAも馬券の買い方として、明らかに外れ馬券が生じる「ボックス」や「流し」といったメニューを用意していることからも分かるように、大多数のファンは、1レースに対して、複数の馬券を購入する(つまり必ず外れ馬券が生じる買い方をする)のが普通だ。

一時所得なのか、雑所得なのか、分類はともかくとして、外れ馬券の購入代金も経費だと認めるのが常識的であり、正義だろう。仮に一時所得と考えるとしても、的中馬券の払戻金額から外れ馬券を含む当該レースの購入馬券代を引いた金額を「所得」と解釈すべきではないだろうか。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら