メディア・マスコミ
スター記者の独立、データジャーナリズム、アドボカシー、エンゲージメント、モバイル・・・「未来を変えるメディア」への道しるべとは?

5月12日(月)、MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボと朝日新聞社が「メディアが未来を変えるには ~伝える技術、伝わる力~」と題したシンポジウムを開催した。国内外の事例紹介やパネルディスカッションを通じて、メディアの未来が議論された。

パネルディスカッションに登壇したのは、西村陽一(朝日新聞社取締役 デジタル・国際担当)、伊藤穰一氏(MITメディアラボ所長)、アマンダ・コックス氏(ニューヨーク・タイムズ グラフィックエディター)、ニコ・ピットニー氏(ザ・ハフィントン・ポスト プロダクト部門統括責任者)の4名。

スター記者の独立、データジャーナリズム、アドボカシー、エンゲージメント、モバイル、ネイティブ広告、メディアミックス---。ディスカッションではさまざまなキーワードが飛び出した。

デジタルでの表現技術やデザイン手法、データ分析など、メディアに関連する技術が進化した現在、メディアが未来を変えるには何が答えとなるのだろうか。ディスカッションの内容を見ていきたい。

左から西村陽一(朝日新聞社取締役 デジタル・国際担当)、伊藤穰一氏(MITメディアラボ所長)、アマンダ・コックス氏(ニューヨーク・タイムズ グラフィックエディター)、ニコ・ピットニー氏(ザ・ハフィントン・ポスト プロダクト部門統括責任者)

大手パブリッシャーには新技術に精通した人材が求められる

海外では「デジタルジャーナリズムの2つの方向性とは? 海外スター記者が続々と新メディア立ち上げ」という記事でも触れたように、スター記者の独立、新興メディア立ち上げが盛んだ。

ワシントン・ポストの人気コラムニストだったエズラ・クラインがニュース解説メディア「Vox(ヴォックス)」、2012年の大統領選の勝敗を全50州で的中させたネイト・シルバーがニューヨーク・タイムズからESPNに移籍し、「FiveThirtyEight」を、同じくニューヨーク・タイムズのBill Keller(ビル・ケラー)は「The Marshall Project」を立ち上げている。

ほかにも、イーベイ創業者が代表を務める「First Look Media(ファースト・ルック・メディア)」にはガーディアン紙でスノーデン事件を伝えたグレン・グリーンワールドが参画。新テックメディア「Re/code」はウォール・ストリート・ジャーナル傘下のテックメディア「AllThingsD」で活躍したウォルト・モスバーグらが立ち上げている。このような例によって、ジャーナリズムやメディアの黄金期到来、と言われることもある。

これについてハフィントン・ポストのニコ氏は、「大手パブリッシャーがイノベーションのリーダーになれないわけではない。低コストでスピード感を持ったプロトタイピングが必要で、新しい技術に精通した専門家が求められる」と語った。

一方のニューヨーク・タイムズのアマンダ氏は「The Upshot(アマンダ氏もグラフィックを担当するニュース解説メディア)はFiveThirtyEightやVoxと似たような、ニュース解説を行っている。しかし、みんなで残ることはできると思う。大きな組織でもハングリー精神が重要」と述べた。

既存のメディア企業と、現在影響力を増している新興メディアは競合よりも、協力し合って、協創意識を持ち、新しい時代に適応したメディアやコンテンツ、ビジネスモデルの開発を通じて調査報道の可能性も含めたジャーナリズム形成を目指していくことが重要だと感じる。

NBA(北米のプロバスケットボールリーグ)のファンをマッピングしたインタラクティブ記事「Which Team Do You Cheer For? An N.B.A. Fan Map
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら