[裏方NAVI]
林清一(日本野球連盟国際審判員)<前編>「信念の“延長サヨナラボーク”宣告」

「私たちはルールの番人ですから」。詰め寄る記者に、審判委員幹事(当時)の三宅享次は、落ち着き払った態度でそう言い切った。その言葉に、隣席の林清一も深くうなずいた――。
 1998年8月16日、第80回全国高校野球選手権大会。第11日第2試合、2回戦の宇部商(山口)-豊田大谷(愛知)の試合後、甲子園史上初の“延長サヨナラボーク”宣告をした球審・林のジャッジが物議を醸した。翌日、スポーツ紙の一面には林の顔と名前が掲載され、高校野球連盟には林への抗議の電話が殺到した。だが、それでも自らが行なったジャッジに、林の気持ちが揺らぐことはなかった。そこには、審判員としての信念があった。

悲劇と化したフェアなジャッジ

「ボーク!」
 球審の林が両手をあげると、甲子園の空気が一変した。5万人が見つめる中、林はスススッとマウンドに向かって歩を進め、ピッチャーとキャッチャーの間に入って三塁走者を指した。そして、生還を促すジェスチャーを2度、繰り返した。延長15回。3時間半を超える大熱戦に終止符が打たれた瞬間だった。

 炎天下の中始まったその試合は、2-2のまま延長に入ったが、両校ともに得点を挙げることができず、なかなか決着がつかなかった。迎えた延長15回裏、豊田大谷はヒットと相手のエラーで無死一、三塁と、一打サヨナラのチャンスとした。ここで宇部商は次打者を敬遠し、満塁策をとる。無死満塁。ここまでひとりで投げ続けてきた宇部商の2年生エース藤田修平は、ボールカウントを2ストライク1ボールとして、追い込んだ。そして勝負の211球目を投げる……はずだった。

 キャッチャーのサインを確認した藤田は、セットポジションに入ろうと、腰部分に構えていた左手を下ろし、右手のグラブに収めかけた。ところが、藤田はその左手を再び腰へと戻してしまったのだ。左足はプレートから外されてはおらず、明らかな投球モーションの中断である。ボークが宣告され、三塁走者が生還。3時間32分の熱戦は思いもよらない幕切れとなった。

 この“延長15回サヨナラボーク”は、多くの高校野球ファンには“悲劇”と映った。試合後、林は記者に囲まれ、矢継ぎ早に質問を浴びせられた。ほとんどが、藤田に同情を寄せるような内容だった。林は「藤田くんがプレートを外さずに、動作を中断した。明らかにボークでした」と繰り返し説明した。それでも「注意でも良かったのでは?」と食い下がる記者もいた。収拾がつかない場に幕を引いたのは、同席していた三宅の言葉だった。
「我々はルールの番人ですから、それはできません」
 林はようやく記者から解放された。