upperline
シドニーの美術館で開かれたサイケデリックアートの展覧会---〔PHOTO〕gettyimages

「メイン」と「サブ」の区別がなくなった

第32回でも指摘したが、文化において、「メイン」と「サブ」という区分けがもはや消滅してしまっている。

そもそもメインストリームの文化という概念が、そもそも存在しなくなってきている。以前だったら、たとえば音楽ではクラシックがメインでロックやポップスがサブカルチャー、文学だったら純文学や古典がメインで、大衆文学がサブというような区分けがあった。しかしこうやって書いてみてもわかるとおり、もはやそんな区分けは何の意味もない。

仮にクラシック音楽の愛好家だとしても、「メインの人」とは思われない。クラシック音楽を聞いているからといって教養のある人だとは思われなくなり、「単なるクラシックのオタク」扱いになってしまっている。まあ、こういうメインの衰退こそが「佐村河内」事件の背景になっているということもあるだろう。憧れる対象としてのメインカルチャーがなくなったからこそ、難解なメインを人々に受け入れてもらうために、安易な情動の物語に頼ってしまうということが起きているわけだ。

振り返れば、日本におけるメインストリームには、欧米への憧れという底流があった。欧米のクラシック音楽やファインアートがメインストリームであったし、さらにいえばサブカルチャーにおいても、「サブの中のメイン」は欧米だった。

たとえばロックの世界では、やはりイギリスやアメリカのロックが圧倒的にカッコ良く、70年代ぐらいにさかのぼると「日本語はロックに乗らなくてカッコ悪いなあ」などと文句を言っていたことを思い出す。日本の文化シーンでは「サブとメイン」「欧米と日本」という二重構造が入れ子のようになっていたといえる。

地方の文化は東京とは別の進化に

常に欧米は真ん中で、われわれは端っこのほうにいるというのは、内田樹氏が名著『日本辺境論』という本で指摘されている。日本はつねに辺境の存在で、真ん中を目指して勉強しなければいけないマインドでこれまでやってきた、という指摘である。まさしくそうだったのだと思う。

ところが21世紀になって気が付けば、欧米のメインストリームというのがもはやメインとしての意味合いを急速に薄れさせてきていることに気づく。文化の中心はもはや欧米ではない。日本のJポップは、欧米の音楽を志向していない。

これは欧米と日本の関係だけでなく、都市と地方にもあてはまる。・・・・・・この続きは現代ビジネスブレイブイノベーションマガジンvol075(2014年5月7日配信)に収録しています。

この記事は、現代ビジネスが発行するメルマガ、『現代ビジネスブレイブ』の「コンプリートマガジン」および「イノベーションマガジン」でお読みになれます。
 
※このメルマガはお申込み月は無料でお読みになれます。
※『現代ビジネスブレイブ』を初めてご購読される場合の販売期間は配信月を含め2か月間となります。
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ