雑誌
三匹のおっさん記者、東京地検特捜部を語る
第4回 大蔵省接待汚職 エリート官僚を逮捕せよ!

ノーパンしゃぶしゃぶ。奇態な飲食業を満天下に知らしめた金融機関による大蔵官僚の接待。国民は腐敗を抉る検察に喝采を送ったが、その裏ではある大物の処遇を巡って暗闘が繰り広げられていた。

「強いものに弱い検察」

小俣 リクルート事件で竹下登総理を退陣に追い込んだ特捜部は、その後も国際航業事件、イトマン事件、東京佐川急便事件と大きな事件を次々と手掛けていきました。ところが東京佐川急便事件に関連して'92年に発覚した「金丸ヤミ献金事件」で、大変な窮地に追い込まれました。

村山 金丸信※1・自民党副総裁が東京佐川急便側から5億円ものヤミ献金をもらっていた。特捜部は政治資金規正法違反の疑いで出頭要請したが、金丸氏は応じなかった。そのため、特捜部は金丸氏本人の取り調べを見送り、罰金20万円の略式起訴で決着させてしまった。一方で1億円のヤミ献金をもらっていた金子清新潟県知事は公判請求。2人の容疑は異なり、法定刑も違っていたが、その落差に「強いものに弱い検察」と厳しい批判が起きました。

村串 検察庁の看板に黄色いペンキがぶっかけられたりしましたね。そのさなか、'93年1月に国税庁から持ち込まれたのが1枚の一覧表。金丸氏の「割引金融債※2」購入履歴が記されたもので、資産隠しの疑いを強く匂わせる資料でした。国税は検察を助ける材料になると考えて持ち込んだんでしょう。

村山 というより、当時は国税も追いつめられていたんです。検察に向けられていた世論の猛反発が、いずれ国税にも向かって来ると危惧していた。当時、金丸氏は2億円かけて山梨に豪邸を建てたばかりでしたし、さらに夫人が急死し、五十数億円の資産を残していました。税務処理が適切になされているか、早急に調査する必要があったんです。

そこで金丸氏の税務調査データを洗い直したところ、割引金融債を使って個人的な蓄財を図っていた疑いが浮上してきた。

村串 それが、最大のピンチにあった検察を助けることになったわけだね。

村山 問題は、国税当局が二十数億円の金融債の存在を知ってしまったこと。相手は自民党のドンで、国税庁の親元・大蔵省も予算や法案で世話になっている大物。下手に手を出すと、逆に横やりや圧力がかかるかもしれない。かといって犯罪の疑いのある事実を握り潰して、それが外に漏れた場合、国税庁の信頼は地に堕ちる。そこで検察に「一緒にやってくれませんか」と言ってきたわけです。

小俣 その接触も極秘にやらなければならなかったと思いますが、国税は最初に最高検次長の土肥孝治※3さんに話を持っていったんでしたっけ?

村串 いや、最高検検事だった石川達紘さんじゃなかったかな。

※1 防衛庁長官、建設相、副総理などを歴任。田中派を割る形で竹下登らと経世会を設立。「政界のドン」と呼ばれた。'96年没
※2 長期信用銀行などが発行していた金融債。興銀のワリコー、日債銀のワリシンなどがあった
※3 大阪地検検事正としてイトマン事件を摘発。東京高検検事長を経て、'96年、検事総長に就任。現在は弁護士

村山 私が確認しているところでは、まず1月14日に東京国税局が一覧表を発見する。国税庁の調査査察部長と査察課長が19日に国税庁長官に報告した上で石川さんに資料を持ち込んだ。石川さんは検事総長の了解をとったうえで、特捜部長の五十嵐紀男さん※4に話を通します。国税庁の2人が五十嵐さんを訪ねたのは翌20日です。国税関係者によると、土肥さんと親しい調査査察部長が長官に報告する前の18日、検察の感触を探るため非公式に土肥さんを訪ねた可能性はあるようです。

村串 この時点で証拠はその一覧表しかなかったけど、石川さんは着手する腹を決めたんですよね。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら