サンフランシスコから次の成功企業が現れるか? 「500 Startups」第8期の注目プロダクト5選

米国を代表するインキュベーター「500 Startups」が、第8期目となる2014年2月から新たにサンフランシスコでのインキュベーションプログラムを開始しました。

彼らは、元々ベイエリア南部に位置するマウンテンビューを拠点にプログラムを実施してきましたが、昨今多くのスタートアップがシリコンバレーと呼ばれるベイエリア南部から、より都会であるベイエリア北部のサンフランシスコに集中しつつあるため、拠点を新設するに至ったようです。

500 Startupsは、PayPal出身、fbFund(Facebookが運用していたベンチャー投資のファンド)でディレクターを努めたDave McClure(デイブ・マクルーア)氏によって2010年に創設され、2011年に開始されたインキュベーションプログラム。また、インキュベーションだけでなく、投資も行っており、Wildfire、Twilio、Vikiをはじめとする多くのスタートアップを成功に導いてきました。

新たな拠点の設立に伴い、連続起業家であるSean Percival(ショーン・パーシバル)氏とYahoo!で長年セールスとマーケティング戦略に携わっていたMarvin Liao(マーヴィン・リャオ)氏の2人をパートナーに加え、次なる成功企業を生み出すための体制を整えています。