経済の死角

特別 企業レポート 「パソコン禁止」「運動会」「社員旅行」が会社を強くする

サントリー 資生堂 三井物産 バンダイナムコほか

2014年05月14日(水) 週刊現代
週刊現代
upperline
日本を代表する大企業が、いま「原点」への立ち返りをはじめている〔PHOTO〕gettyimages

いまやIT革新は日進月歩、便利になるばかり。しかし、その利便性はときに企業を危機に陥れる。顔を直接突き合わせる「人」と「人」とのコミュニケーションこそが、会社が生き残るカギになる。

メールは時間のムダ

サントリーでは毎週水曜日の午後になると、オフィスの雰囲気が一変する。デスクに座る人の数が減り、社内のあちこちでミーティングの輪ができあがる。オフィスには話し声が響き、活気のある空気に包まれる。一方で会社を離れ、外出する営業系の社員も多い。サントリーが昨年1月から実施している「プレミアムタイム」。毎週水曜日の12時から3時間、社内のパソコンに接触することが禁じられているのである。

同社が「パソコン禁止」タイムの導入に踏み切った理由はこうだという。

「どこの部署でも、なんでもメールでやりとりするようになり、そのために時間を取られ、現場に出る時間が減っているのではないかという懸念が指摘されていました。とくに若い人たちにとってIT依存からの脱却は大切だと思います。

もちろん、ITにもメリットはあると思うんです。でも仕事は結局、フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションで成り立っています。プレミアムタイムの導入以降、結果として足を運んで人に会おうという意識が高まりました」(サントリー広報部)

次ページ サントリーホールディングスの佐…
1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事