データでわかった「三ツ星議員」を公開する

任期中に国会でほとんど発言していない議員がいる

NPO法人「万年野党」では、国会議員の本会議や委員会での質問回数、質問主意書提出数、議員立法提案数、衆議院はこれに加えて質問時間数を含め、国会議員の活動データとして集積し、活発に活動した議員をそれぞれのカテゴリーごとに☆を付けて評価している。

国会議員に選ばれながら、任期中に国会でほとんど発言していない議員がいる。それもかなりの数が———。そんな事実に気付いた事が、『国会議員三ツ星データブック』プロジェクトを始めるキッカケだった。

多くの方が思っている「TVに出ている議員が一流」というステレオタイプをなくすためにも、データから国会で積極的に活動している議員はどんな議員かと見ていく事にしよう。

現在行われている通常国会は継続中で、まだデータが出揃っていないため、昨年の通常国会である第183国会と昨年末に終わった直近の臨時国会である第185国会における活動をデータ化してみるとどうなるか。

『国会議員三ツ星データブック』では、衆参ともに議員数の1割程度を目安とし☆を一つ付ける様にしており、例えば、183国会における衆議院では、質問回数16回42位までの49人、質問時間374分48位までの48人、議員立法3回15位までの42人、質問趣意書3回11位までの11人に、参議院では、質問回数16回22位までの25人、議員立法2回17位までの23人、質問趣意書3回13位までの18人に☆をつけた。

これに加えて、大臣、副大臣、政務官など政府の役職や委員会の委員長などについていると実質的に質問機会なども少なくなる事から、こうした役職についているだけで、☆を一つ付ける事とし、最大☆3つになる様に衆参全国会議員を評価した。