雑誌
徹底特集 いま、まさにホンダ第五次黄金期の始まりだ! HONDA 栄光と失敗

ここ数年、ちょっとばかり元気のなかったホンダだけど、今年に入ってからは一転、元気いっぱいになってきた!! そんなホンダを多角的に徹底特集する!!

本田技研工業株式会社の前身となる本田技術研究所を静岡県浜松市の地に創業者本田宗一郎が設立したのが戦後間もない1946年のことだった。その2年後には同じ浜松市内で本田技研工業株式会社と改称し、株式会社として発足する。

創業間もないホンダは自転車にエンジンを装着して走る、文字どおり「原動機付き自転車」の製造で名を上げ始めていた。

この時期、後に実質的な経営トップとなる藤沢武夫がホンダに入社。技術面を引っ張る本田宗一郎に対し、経営面を藤沢が全面的に掌握することでホンダは業績を伸ばし、1953年、東京八重洲に新社屋を構え東京進出を果たす。この時期がホンダ第一次黄金期といっていい。

1957年には東証一部上場を果たし、'58年に発売したスーパーカブはその後、現在に至るまでの超ヒット作となる。'55年には二輪車生産台数日本一を達成していた。

それでも昭和30年代のホンダはまだまだ二輪車メーカーで、四輪車進出への野望はあったものの、やっと実現するのは1963年8月に発売を開始した軽トラックT360/500であった。クルマ好きには有名な話だが、このT360に搭載されたエンジンは、直列4気筒DOHC。

軽トラにDOHCを搭載するとは、すでに二輪車では'59年に世界一過酷な二輪WGPといわれるマン島TTレースに出場しており、'61年には優勝を果たすなど、世界的に活躍していたホンダらしいアプローチ。四輪進出の第一歩を軽トラックにしたというのは、藤沢武夫の考えで、二輪車の販売網で売ることができる四輪車という狙いだったといわれている。ちなみに1963年の四輪車販売台数は1169台、翌'64年は1万9197台だった。なにはともあれ悲願の四輪進出を果たしたこの時代が第二次黄金期。

いかにもホンダらしいと実感させられるのが、やっと軽トラで四輪進出を果たしたばかりだというのに、'64年にはF1に参戦を開始したという事実。後に「第一期F1参戦」といわれる時代となるのだが、シャシーからエンジンすべてをホンダ自社開発でまかなうという、ちょっと考えられないような挑戦にもかかわらず参戦2年目の'65年メキシコGPにてリッチー・ギンザーのドライブするRA271が初優勝。'67年にはジョン・サーティースが優勝1回、3位1回で20ポイントを獲得しシリーズ4位を獲得するなど、存在感を見せつけた。

ホンダの危機をシビックが救った!

1970年代が見え始めたこの時代、日本ではモータリゼーションの波とともにオイルショック、そして深刻な大気汚染問題が襲っていた。特に排ガス問題は世界的なものであり、アメリカのマスキー法による排ガス規制は絶対にクリアできない厳しい規制といわれた。

これにいち早く対応し、独自の技術により後処理なしでクリーンな排ガスを実現したのがCVCC。'72年に発売開始した初代シビックに'73年から搭載されヒット作となる。シビックの成功が、ホンダが四輪車メーカーとして広く認知される大きな原動力となったことは間違いなく、この時期こそ第三次黄金期となる。実は'69年にホンダ初の登録車として登場した「1300」は大失敗作でホンダを一気に経営危機に落とし込んだ。これを救ったのがシビックの成功だったのだ。この時期のホンダ四輪車国内販売台数は25万~30万台弱で推移しシェアは6~7%程度だった。

この後もホンダは二輪車四輪車問わず独自の技術を盛り込んだ意欲作を次々に送り出す。アコード、プレリュード、そして高級サルーンのレジェンドなどにより、ホンダはフルラインアップメーカーとなった。そして'90年にはNSXを送り込む。

とはいえ、決して順風満帆だったわけではなく、レジェンドの販売は伸び悩み、5気筒搭載のアスコット/ラファーガは販売不振で'90年代に至ってもシェアは8~9%と伸び悩む。これを一気に逆転させたのが'94年登場のオデッセイ。当初月販4000台目標と控えめな設定だったが大ヒット。'96年にはホンダのシェアは10%を超えて、以来現在まで10%を下回ったことはない。オデッセイの発売、ヒットで第四次黄金期となった。

その後はステップワゴンの成功、初代フィットのスマッシュヒットなどによりホンダの販売面は安定したものとなってきたが、いっぽうで「ホンダといえばスポーツカー」という40歳代以上のクルマ好きのイメージは薄れ、コンパクトカーとミニバンのホンダ、さらには最近ではハイブリッドのホンダというイメージに変革しつつある。

今年ホンダはアコードハイブリッド、新型フィットと矢継ぎ早に意欲的なニューモデルを投入し成果を見せている。さらに11月にはライフ後継車のNワゴン、12月にはフィットベースのSUVが登場する予定。新型NSXやビート後継スポーツ軽の開発も本格化し、第五次黄金期を迎えようとしている。

ホンダ第五次黄金期の立役者!
新型フィットを多角的に徹底解剖する

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら