[野球]
上田哲之「松坂大輔は新鮮である」

 巨人-広島の6回戦(4月27日)は、内海哲也と前田健太の両エースによる、素晴らしい投手戦だった。延長10回まで0-0で進み、11回裏、ブラッド・エルドレッド(広島)のサヨナラ3ランという試合だったので、ご記憶の方も多かろう。

 ところで、この試合の3回表、巨人の先頭打者、橋本到の時、こんなシーンがあった。カウント2-2からの5球目。前田はこの日走っていたストレートで勝負に出る。ところが、ド真ん中高目に入ってしまう。好調橋本が逃すはずもなく、鋭くスイングすると、打球はものの見事なライナーのピッチャー返しとなって前田を襲う。わっ、みぞおちあたりを直撃か、と思った瞬間、ひょいと腹部をひっこめて衝撃をやわらげ、グラブでキャッチ。さすが、マエケンの運動能力、と球場全体がどよめく。

 テレビ解説だった槇原寛己さんは、すかさずこう言った。正確に再現します。
「一番ぼくが懸念していることは、飛ぶボールの、これなんですよ。要するに反発が、すごく初速が速いんでね。ピッチャーが危険じゃないかなと思っていたんですがね。マエケンは投げ終わった後の姿勢が捕球体勢になるんでしっかり対応できましたけど、他の選手では球に当たったりすると本当に怖いですからね」
 投手出身ならではの、実感のこもったコメントである。

 4月10日に発覚した、飛び過ぎる統一球の問題について、ここで議論を蒸し返すつもりはない(29日からは適合球を使用、とされている)。ただ、少なくとも、「どのチームも平等なんだからいいではないか」とか「得点が入ったほうが観客が喜ぶ」といった主旨の「飛ぶボール擁護論」はやめたほうがいい。「別に関係ないです」とか「我々は与えられたボールで戦うのみ」といった類の一部の監督や選手のコメントも同断である。槇原さんの解説を聞いただけでも、それは無責任な言い方だと、容易に理解できるはずだ。

 ボールの反発係数は、明らかに野球の質を左右する。定期的にチェックし、それを情報公開することはNPB(日本野球機構)の義務といってもいい。さらに、あるべき反発係数を、どこに設定すべきかという議論も継続することが必要なのではあるまいか。日本がどのような質の野球を志向するのかということと直結するのだから。