[ボクシング]
杉浦大介「“ミスマッチ”の先にあるもの」

~メイウェザーvs.マイダナ、直前展望~

盛り上がらない王座統一戦

試合が近づいているものの、熱気はあまり伝わってこない。

5月3日 ラスベガス MGMグランドガーデン・アリーナ
WBC世界ウェルター級王者
フロイド・メイウェザー(アメリカ/45戦全勝(26KO))
vs.
WBA世界ウェルター級王者
マルコス・マイダナ(アルゼンチン/35勝(31KO)3敗)

“現役最強王者”フロイド・メイウェザーの試合前の“ファイトウィーク” (種々のイベントが催されるビッグファイト前の1週間)が、これほど盛り上がりに欠けることは珍しい。

 さまざまなプロモーション活動が開始されても、ビッグイベント前独特のBuzzはアメリカ国内に漂わないまま。その最大の理由は、やはり対戦相手であるマイダナのネームバリュー、商品価値が高いとは言えないことである。

 過去にエリック・モラレス、ビクター・オルティス、デマーカス・コーリー、ホセシト・ロペスといった好選手たちを下してきたマイダナは、もちろん悪い選手ではない。昨年12月にはメイウェザーの劣化版といえる新鋭エイドリアン・ブローナーを破り、一躍名を挙げた。

常に真っ向勝負でファンを沸かせるマイダナだが、今回は相手が悪そうだ。

 ただ、マイダナの勝利を貶めるつもりはまったくないが、この試合ではブローナー側にウェルター級でのタフファイトの準備が整っていない印象が強かった。そして、マイダナには技術的な限界があることは、過去のアミア・カーン、デボン・アレクサンダー、アンドレアス・コテルニク戦での敗戦で示されてしまっている。

 特に一昨年2月のアレクサンダー戦では、きれいにアウトボックスされての完敗(判定は90-100、91-99、90-100の0-3)。アレクサンダーはサウスポー、メイウェザーはオーソドックスという違いはあるとはいえ、この試合を思い返せば、より上質なアウトボクサーであるメイウェザー相手に善戦する姿は想像し難い。