[ボクシング]
近藤隆夫「記憶に残る世界王者を求む……井岡一翔はどうか?」

名勝負に感じた「勇気」「覚悟」

 先日、ある雑誌(ムック)の企画で、日本プロボクシングの名勝負を選んだ。

 小学生の頃からリング上での闘いを見始めて40年。幾多の名勝負を目にしてきたから、選定には少々悩んだ。でも、心を震わされた試合はハッキリと記憶に残っているもので、思い起こすのに、それほど時間は必要なかった。

 そして名勝負には、ひとつの定義があることに気づく。それは、日本人チャンピオンが、あるいは日本人チャレンジャーが強敵に果敢に挑んだ試合に限られるということだ。勝敗は関係ない。その闘いから「勇気」を、「覚悟」を感じることができたか否かが重要なファクターとなる。

 たとえば、
ルペ・ピントール(メキシコ)vs.村田英次郎(金子)=1980年6月11日・日本武道館、WBC世界バンタム級タイトルマッチ(15ラウンドドローで村田の王座奪取ならず)

渡辺二郎(大阪帝拳)vs.パヤオ・プーンタラット(タイ)=1984年7月5日・大阪城ホール、WBCジュニアバンタム級タイトルマッチ(渡辺の12ラウンド判定勝ち、事実上のWBA・WBC王座統一)

高橋ナオト(アベ)vs.マーク堀越(八戸帝拳)=1989年1月22日・後楽園ホール、日本ジュニアフェザー級タイトルマッチ(高橋が9ラウンドKO勝ちで王座奪取)

薬師寺保栄(松田)vs.辰吉丈一郎(大阪帝拳)=1994年12月4日・名古屋レインボーホール、WBC世界バンタム級王座統一戦(薬師寺の12ラウンド判定勝ち)

長谷川穂積(千里馬神戸)vs.ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)=2005年4月16日・日本武道館、WBC世界バンタム級タイトルマッチ(長谷川が12ラウンド判定勝ちで王者奪取)

 記憶に新しいところでは、
ノニト・ドネア(フィリピン)vs.西岡利晃(帝拳)=2012年10月13日、米国カーソン、WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、WBCダイヤモンドベルト戦(西岡の9ラウンドTKO負け)
 もある。